« 今後の方針。 | トップページ | トリノの風景シリーズ、その2。 »

2008年12月 2日 (火)

トリノの風景シリーズ、その1

毎年15点テーマを決めて作ってる小さい風景画のシリーズを作ってまして、ここ数年はイタリアの各都市をやってます。一昨年がナポリの風景、昨年がフィレンツェの風景。今年は2006年と2007年のイタリア滞在の時に旅行したトリノの風景です。2006年の5月に行った時はトリノオリンピックの直後でしたが、オリンピック前に終らせなければいけない工事がまだ終ってなかったりしました。根拠地にしているフィレンツェとは趣が違う土地ですが、この辺はやっぱりイタリアだなあと思いました。Torino002_2

このトリノシリーズは名古屋の個展で展示しました。

画像1はサンカルロ広場。サイズは15×20cm。

「トリノの応接間」と言われる広場。双子の教会が愛らしいですね。手前の像はトリノ人は「馬の像」と呼ばれる。性格には「騎馬像」ではないかと思いますが、トリノ人としては騎士の方はどうでも良いらしい。因みに騎士の名前はエマヌエレ・フィリベルトといいます。イタリア統一王国の国王ですね。トリノは一時期、イタリアの首都だった事もあるのです。

Torino001_2  画像2はカフェ・トリノ。サイズは15×20cm。

サンカルロ広場を囲むアーケードに4つあるカフェの内の一つです。1903年創業のイタリア・カフェ文化の発祥の地ですね。名物は「ビチェリン」という、ホットチョコ・コーヒー・生クリームと三層に注がれた飲み物です。

・・・華やかですねえ。でも格式が高そうで怖くて入れなかった。普段、やる気の無い格好でウロウロしてますからねえ。

Torino007 画像3はマダーマ宮殿。サイズは10×15cm。

17世紀にトリノの国王夫人が住んでいたので、夫人宮殿を意味するこの名が付けられた。数世紀の間に、刑務所、兵舎、王家の収蔵庫、上院、裁判所などとして使われたのだが、現在は古代美術館として公開されています。

画像4はカステッロ広場。サイズはTorino01010×15cm。

歴史地区の中心にあるトリノ最大の広場。統一イタリアの最初の王宮となった建物もあります。(画面右側に見える建物が王宮の一部です。)

手前のベンチに腰掛けたら、前の人が落として溶けたアイスクリームが手の平に付いた。目の前にある噴水で洗ったから何事もなかったんですがね。座る時は気をつけなきゃいかんな。

Torino003_2 画像5はトリノのドゥオーモ。サイズは15×20cm。

ドゥオーモとはイタリア語で大聖堂の事。トリノのドゥオーモにはイエス・キリストの遺骸を包んだ布「聖骸布」が祀られています。25年に一度、本物が公開されますが、2000年に公開された時は、大勢の人が一目見ようと殺到して、それはもうえらい大騒ぎでした。(と、見て来たような事を書いてますが、私は現場にいたわけではないので見てないです。)

|

« 今後の方針。 | トップページ | トリノの風景シリーズ、その2。 »

コメント

こんばんは。

個展での事を思い出してしまいました。

本当に丁寧に説明してくださり感謝!多謝!の
気持でいっぱいです。

写真で見てもすごいけど実物は更にすごいので。。

あ~っ、イタリアに行きた~い。って気持ちにさせる
俊寛さんは罪作り??

投稿: ちーたんぱぱ | 2008年12月 2日 (火) 21時58分

ちーたんぱぱさん、ありがとうございます。作品を見せる以上にイタリアの事を知ってもらいたいので。面白がってくれると私も嬉しいんですけどね。

私もイタリアに行きたいんですけどね。スケジュールを考えると、今後一年半以上は行けそうにないです。一番悔しいのは、イタリア在住の友達がブログに「美味いもんを食べた!」という記事をアップした時ですね。「こっちじゃ食えねえんだよ!」と悶え苦しんでます。

投稿: 俊寛 | 2008年12月 2日 (火) 23時21分

鳥は何処にも居ないがな。

投稿: 征核傘 | 2008年12月 3日 (水) 10時05分

征核傘さん、ああ。鳥とトリノをかけたのね。上手い、上手い。

投稿: 俊寛 | 2008年12月 3日 (水) 10時17分

どこも見たことのある景色なので嬉しくなってしましまいました。
とは言え、私がトリノに行ったのはオリンピック開催の半年前。もう全ての場所が修復中で入れませんでした。
ものすごく残念でした。
ちょっと天気も悪く、重苦しい雰囲気だったんですけれど、あのポルディゴのおかげで雨に濡れずに済みましたし、結構便利なところだと思いました。

投稿: がっちゃん | 2008年12月 4日 (木) 07時39分

がっちゃんさん、トリノは日本人にはなじみが薄いですからね。実際にトリノに行った人って珍しいかも。

当時トリノに住んでいた友達が言ってましたが、オリンピックの時に町が奇麗になったそうです。私はオリンピック後に初トリノだったので、流石に一度イタリアの首都になっただけの事はある、地理的にも北だからフランスっぽくて、どことなく優雅だ・・・なんて事をかんがえてましたけどね。

投稿: 俊寛 | 2008年12月 5日 (金) 02時19分

こんにちは。お久しぶりです。日本でのご活躍をイタリアから応援していますよ。私、2人目を身ごもりました。来年の秋以降は日本に3ヶ月くらいいる予定なので、個展を見にいきたいとおもいますが、子供2人の東京見物、どうなりますか!宜しくお願いいたします。

投稿: akie | 2008年12月 7日 (日) 20時00分

akieさん、お久しぶりです。2人目ですか。おめでとうございます。in bocca al lupo!
秋の個展って言っても、東京では9月末から10月第1週目だからなあ。来てくれたら嬉しいです。

投稿: 俊寛 | 2008年12月 7日 (日) 20時59分

お久しぶりですhappy01
トリノはなかなか行く機会がないんですが、聖骸布とビチェリンには興味があります。
滞在期間が短いとちょっと遠く感じますね~。
2025年に行ってみようかなflair

投稿: うさぴょん | 2008年12月15日 (月) 16時04分

うさぴょんさん、お久しぶりです。トリノはフィレンツェからも遠いですからねえ。電車だと最短でジェノヴァ経由だと5時間で行けます。ミラノ経由だと乗り換えの待ち時間が長いですね。
イタリア旅行に行くんだったら今がチャンスですよ。ユーロ、安いんだし。2025年じゃレートがどうなってるか、わかりませんぞ。

投稿: 俊寛 | 2008年12月15日 (月) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今後の方針。 | トップページ | トリノの風景シリーズ、その2。 »