« 出しそこなっていた作品、その2。 | トップページ | 出しそこなっていた作品、その4。 »

2008年10月15日 (水)

出しそこなっていた作品、その3。

Mm_sseporclo012_2   

さて、出しそこなっていた作品の公開を続けます。今回も2003年制作のサンセポルクロのミッレミリアシリーズより。19点中の5点です。上の3点は10×15cm、4点目は15×15cm、最後は15cm四方です。

珍しく上から見下ろしたアングルですが、これは偶々広場に面した建物の一つが開放されてまして、中に入ってもOKだったので上の階まで上がらせてもらって写真を撮ったのです。

普通、カメラ持って歩いてて、良い風景に出くわす事があってもほぼ毎回地に足が着いた状態での撮影で、対象物を見下ろしたアングルってのはこれが初めてです。

この建物、改装中だったようで、中は何も無い状態だったのですが、ベランダで民族衣装に身を包んだ音楽団が控えてまして、Mm_sseporclo010_2クラシックカーが広場に入るとファンファーレを鳴らして歓迎したりしてました。それが一番下の作品です。この作品、15cm四方の紙を普通とは45度動かしてデザインしてあります。この頃、こういう構図がマイブームでして、職人シリーズでも度々使ってます。・・・そういえば最近やらなくなったなあ。

一連の作品はこの楽団の横のベランダから撮影した写真を元に制作したものです。Mm_sseporclo15

サンセポルクロに行ったのは市の美術館にピエロ・デッラ・フランチカの名画が何点か展示されてるからなんですけどね。何か広場でお祭みたいな準備をしてるなあと思ってたら、突然ミッレミリアが始まったのでかなりビックリしまして。遠出する時は常にカメラは持ってるんですけど、あっという間にフィルムが無くなってしまったので慌ててフィルムを買いに行きました。結局夕方までいたなあ。

Mm_sseporclo019Mm_sseporclo011

|

« 出しそこなっていた作品、その2。 | トップページ | 出しそこなっていた作品、その4。 »

コメント

 こういうのを見るとイタリアっていいなぁと思ってしまいます。
 俊寛さんの作品とイタリアは素敵な組み合わせですね。

投稿: たっぽう | 2008年10月15日 (水) 14時43分

たっぽうさん、ありがとうございます。
イタリアに行った事がある人には懐かしく、まだ行った事のない人には行きたくなるような、そんな作品が理想ですね。

投稿: 俊寛 | 2008年10月15日 (水) 17時03分

いつも色合いが暖かくて、俊寛さんの作品を透して見るイタリアは俊寛さんのイタリアへの想いが溢れているように感じます。

民族衣装を着たい気持ちはよ~く解りますが、、、
日本人ですからねぇ

投稿: うさぴょん | 2008年10月15日 (水) 17時17分

うさぴょんさん、離れてから良さがわかるってあるかも。基本的に日本に住んでるから、私自身「あ~、イタリア戻りてえなあ。」って思うのですが、いざ住んでみると良い物に鈍感になったり・・・。

ふと思ったけど、ああいう民族衣装を売ってる店ってないだろうか。日常生活で着ていたらバカみたいですが、例えば個展の時に着てみたり。・・・やっぱ駄目ですかねえ。

投稿: 俊寛 | 2008年10月15日 (水) 17時59分

この記事へのコメントは終了しました。

« 出しそこなっていた作品、その2。 | トップページ | 出しそこなっていた作品、その4。 »