« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

明日はラジオの日です。

Dm 明日は10月1日に収録されたラジオが放送されます。

私の切り絵について必要な説明に加えて、いくつか職人さんとのエピソードも話しましたので、すごくわかりやすい内容になっていると思います。

11月1日(土) 8:20頃(10分間)

東海ラジオ 天野良春“リアル” ものづくりの美インタビュー

愛知・岐阜・三重にお住まいの皆様、早起きして聞いてくださいね。(私にとっては充分早起きの時間帯です。)

個展の案内状の方はまだ余っているので、ご希望の方はこちらから、お名前とご住所をメールして下さいませ。

10月も今日で終わり。制作できるのは正味10日です。ラストまで頑張ります。

| | コメント (2)

2008年10月27日 (月)

未公開作品8、シエナのミッレミリア後半。

008 未公開の作品は今回で終了です。2005年制作、シエナのミッレミリアシリーズの後半です。この翌年はナポリの風景シリーズで、この後からイタリアの主要都市を小サイズで切り絵にして行く事になります。ナポリの次はフィレンツェの風景(2007年)をやりまして、今年はトリノの風景シリーズを11月・名古屋の個展にて展示予定です。

サイズは1、2が15×20cm、3が15×15cm、4、5が10×15cmです。このシリーズ15点の内、11点を公開しましたが残りの4点についてはHPの方で公開していますので、よろしければこちらからどうぞ。

シエナはフィレンツェから公共の交通機関を使って1時間程度で行けるんですけど、この辺り(トスカーナ地方)は風光明媚で遠足には丁度良い所でした。

015 ずっとイタリアの職人シリーズをメインに、小さいサイズの風景画はあくまでも大作の合い間の気分転換のつもりでしたが(とミニシリーズを始める前は思ってましたが、実際はかなり本気で作っているので気分転換にならない!)たまには大きい風景画をやりたいなと思います。切り絵にしたい場所はたくさんあるんだけどなあ・・・。

014

011_2

009

| | コメント (6)

2008年10月25日 (土)

未公開作品7、シエナのミッレミリア前半。

001 今回は2005年制作のミニシリーズ「シエナのミッレミリアシリーズ」15点の内の5点です。「何だ、またミッレミリアか。」って感じですな。2年前のミニシリーズで19点も作りましたからねえ・・・。私自身、何か良い題材は無いかと迷っていた時期でした。次のミニシリーズでは再び「骨董市シリーズ」をやろうかと考えていたぐらいです。結局はナポリの風景でミニシリーズを続けたんですけどね。その後はイタリアの主要都市をやって行く事に決めたんですけどね。

で、シエナですが、フィレンツェから電車かバスで1時間ぐらいの所にある町です。フィレンツェ同様に町全体が世界遺産に指定されているぐらい美しい町で、とりわけ町の中心であるカンポ広場は「世界一美しい広場」と言われています。すり鉢状に傾斜した扇形の広場の周辺を市庁舎や鐘楼など、中世の建造物が並んでいます。002

この町もミッレミリアの通過地点でして、サンセポルクロのように、民族衣装を着た町の人が車を出迎えるというような事はないんですけど、町並みの美しさでは郡を抜いてますし、ミッレミリアを描くには丁度良いと思ったので(フィレンツェのように大きい町だと、ミッレミリアは絵にならないと思います。)2005年のミニシリーズに選んだのです。

ただ肝心のカンポ広場を描くにはミニシリーズではサイズが小さすぎて出来ませんでした。いつか挑戦したいものですね。

2番目の画像はカンポ広場から出て来た場面です。中央にそびえるのは「マンジャの塔」です。高さは102mあります。

003 ミッレミリアをシエナまで見に行った時に友達の彼女と同行しまして(あまり面白くはないなあ・・・。)写真を撮りまくって来たのですが、この方にも写真を提供してもらいました。3番目の画像は私ではなく友達の彼女が撮った写真からデザインしたものです。なかなか渋いドライバーですな。こういう写真を撮るっていう発想が無かったので、私以外の人が撮った写真も役に立ちますね。他の人の視点ってのも重要です。

作品のサイズは1と3が10×15cm、2が15×20cm、4と5が15×15cmです。

005_2

007

| | コメント (4)

2008年10月23日 (木)

未公開作品6「骨董市シリーズ後半」。

   011_3

出しそこなってた作品の公開を続けます。

2004年制作「アレッツォの骨董市シリーズ」の後半6点です。

HPの方にも骨董市シリーズが3点公開しているので、そちらも御覧下さいませ。

サイズは1と2が10×15cm、3と4が15cm四方、5と6が15×20cmです。

アレッツォの骨董市は毎月第一日曜日にやってるんですが、フィレンツェでもサントスピリト広場で第3日曜日に、チョンピ市場で第4日曜日にやってます。(ちなみにサントスピリト広場ではたしか第2日曜日が自然食品の市が出てますね。)全部の骨董市に共通で出てる屋台も多いんだけど、アレッツォの場合は町全体に屋台が出るので規模が大きいのです。

014_4 だから飽きずに何度も通いました。このシリーズを作るために写真を撮りに行ったのは前の年の5月でしたが、6番目の画像の作品だけは昔撮った写真からデザインしました。その時は秋も深まりつつある季節だったので、ちょっと雰囲気が違うのです。

そういえば、ある時カメラ抱えて骨董市を歩いてたんですが、高台になってる所で一休みしていたら、屋台の間を修道女が歩いて行くのを見つけまして、「こりゃ絵になる!」と思って慌ててカメラを取り出そうとしたら、すでに通り過ぎていたって事がありました。常にカメラを持ち歩いてるけど、それでもシャッターチャンスを逃す事はあるんだよなあ。

さて、今月も下旬に入ったので個展の案内状を書いてます。昨年は400人もの方が記帳してくれてるんで、全員に出そうとすると大変です。100枚も書くと手が疲れちゃいますね。

012_2

013_2

010_2

015_2

| | コメント (4)

2008年10月19日 (日)

近況と、未公開作品5「骨董市シリーズ前半」。

005_3 個展まで1ヶ月を切りました。まだ案内状も書いて出さなきゃいけないし、新聞社に宣伝に行かなきゃならない。なにより作品が揃わないので大変です。 まあ、でもこういう状況って燃えるので好きですね。

今日は所要で駅前まで出ました。昼間から花火が上がってるなあと思ってたら、今日はお祭の日でした。「豊田挙母祭」ですね。祭囃子と共に山車が引かれて私の目の前を通って行った。

一番上の画像がその山車を切り絵にした作品です。1998年制作、サイズは40×30cmです。地区ごとに山車が出るのですが、なかなかの迫力です。それぞれ違う模様の刺繍が施されてるんだけど、私が描いたのは平家物語の屋島の戦いで那須与一が扇の的を射る場面ですね。 こういうの描いてて楽しい。

画材を買いにホームセンターに寄ったら、クリスマスツリーが売られていた。もうそんな季節ですか・・・。しかし、今日は暑かったので、自転車で走り回っていたのですが、半袖シャツを着てたんだがなあ。この季節感の無さは何なんだろう。地球温暖化の危険性が叫ばれて久しいけど、あきらかに変な状況を体験すると、地球の未来は大丈夫だろうかと本気で不安になる。001_3

さて、話は変りまして、出しそこなっていた作品の公開を続けます。今回は2004年制作の「アレッツオの骨董市シリーズ」から。15点の内の6点です。

アレッツォはフィレンツェから電車で1時間の所にある町で、毎月第一日曜日に骨董市が開かれます。城壁に囲まれた古い町の全てが、市場になるという大規模なもので、売られている物も家具や額縁、食器、陶磁器、本、藤製品、絵画、宝箱、楽器、おもちゃ、カメラ、時計、じゅうたん、宗教用具、タイプライター、古い絵葉書と、およそ考え付く限りの物が売られています。中には「こんなの売れるの?」って感じの物もあります。そういえば別の骨董市だったっけど、骨だけになった傘なんてのも売られてましたっけ。 (そんなの売れそうにないけど、同行してた私の師匠が何を思ったのか買ってしまった!後で奥さんに叱られたと言ってましたな。)002_2

靴の制作に必要な道具で生産が中止になった物もあるので、靴職人の修行中の子たちは骨董市まで来て古道具を探してます。時々バッタリ会ったりしましたな。もっともこっちは遊びに来てたんですが・・・。

2番目から6番目の画像は10×15cm、最後の画像は15×15cmのサイズです。

一日見ていても飽きないし、フィレンツェからも近いので何回も遊びに行きました。お金無かったから冷やかしばかりだったけどね。 朝出かけて、広場でサンドイッチを食べて、日が暮れる頃までウロウロしてましたなあ・・・。005_4

009_2 003_2

008_3

| | コメント (6)

2008年10月17日 (金)

出しそこなっていた作品、その4。

Mm_sseporclo005 サンセポルクロのミッレミリアシリーズも今回で終わり。3点公開するので、19点のうちの16点を公開した事になります。残りの3点はHPに置いてありますのでよかったらどうぞ。

今回の3点はサンセポルクロの町の広場で見かけたものをデザインしてあります。その1で公開した古い型のバイクも広場に展示してありました。

1番上が15×15cm。制服を着てる2人は警察官ですが、仕事中に観客と混じってミッレミリアを見ている。イタリアの警察、仕事しないんだよね~。警察官の向こうにバイクが見えますが、このバイクはその1で公開したバイクとは別物。5台ぐらい広場に置かれてたな。Mm_sseporclo14

2番目は10×15cm。広場に藁を固めて作った椅子が円形に置かれてるんだけど、その周囲をクラシックカーが走って行く。紺色の服を着た女の子が、この日に見かけた中では一番綺麗だったので、とりあえず写真に撮っておいた。赤い服の人はおばさんだった。「あの日本人、あたし達を写真に撮ってるわよ。」とか喜んでたな。まあ、おばさんの方はどうでもよかったんですけど、ついでに・・・。

Mm_sseporclo016 3番目は15cm四方。このジープも広場に展示されていた。マシンガンなんか付いてるけど、あれは本物だったんだろうか・・・。本当はアメリカの国旗が付いてたんだけど、そんなのを描いたらイタリアの風景のシリーズではなくなるので、省略した。老年期に入りかかった親父さんたちがジープの周りにたむろしてたけど「いくつになっても少年の心を忘れない。」って感じですな。なんだか鳥山明のイラストみたいだ。

次回からは2004年のミニシリーズを公開します。

| | コメント (4)

2008年10月15日 (水)

出しそこなっていた作品、その3。

Mm_sseporclo012_2   

さて、出しそこなっていた作品の公開を続けます。今回も2003年制作のサンセポルクロのミッレミリアシリーズより。19点中の5点です。上の3点は10×15cm、4点目は15×15cm、最後は15cm四方です。

珍しく上から見下ろしたアングルですが、これは偶々広場に面した建物の一つが開放されてまして、中に入ってもOKだったので上の階まで上がらせてもらって写真を撮ったのです。

普通、カメラ持って歩いてて、良い風景に出くわす事があってもほぼ毎回地に足が着いた状態での撮影で、対象物を見下ろしたアングルってのはこれが初めてです。

この建物、改装中だったようで、中は何も無い状態だったのですが、ベランダで民族衣装に身を包んだ音楽団が控えてまして、Mm_sseporclo010_2クラシックカーが広場に入るとファンファーレを鳴らして歓迎したりしてました。それが一番下の作品です。この作品、15cm四方の紙を普通とは45度動かしてデザインしてあります。この頃、こういう構図がマイブームでして、職人シリーズでも度々使ってます。・・・そういえば最近やらなくなったなあ。

一連の作品はこの楽団の横のベランダから撮影した写真を元に制作したものです。Mm_sseporclo15

サンセポルクロに行ったのは市の美術館にピエロ・デッラ・フランチカの名画が何点か展示されてるからなんですけどね。何か広場でお祭みたいな準備をしてるなあと思ってたら、突然ミッレミリアが始まったのでかなりビックリしまして。遠出する時は常にカメラは持ってるんですけど、あっという間にフィルムが無くなってしまったので慌ててフィルムを買いに行きました。結局夕方までいたなあ。

Mm_sseporclo019Mm_sseporclo011

| | コメント (4)

2008年10月12日 (日)

出しそこなっていた作品、その2。

Mm_sseporclo002_2 出しそこなってた作品の公開を続けます。前回に引き続き、2003年に制作した「サンセポルクロのミッレミリアシリーズ」です。ミッレミリアとは、イタリア語で千マイルという意味で(ミッレが千、ミリアがマイル)毎年5月に北イタリアのブレーシャから南のローマまで、千マイルの道をクラシックカーで定められた町を通過して、往復するスタンプラリーです。Mm_sseporclo004_2

19点制作したうちの6点。サイズは上から3点が15×20cm、下の3点が10×15cmです。一番下の写真はスキャナで取り込んだのではなくて、自分のデジカメで撮ったのでゆがんでますけどご勘弁(スキャナを買う前に売れちゃったんで。全ての作品の記録を取らないといかんのですけどねえ・・・。)Mm_sseporclo006

古い町並みをクラシックカーが疾走するって、すごく絵になる風景ですが、たまたま訪れたサンセポルクロでは、町の中心にテントを張って、民族衣装を着た町の人達が通過する車に、サンドイッチや果物の入ったお弁当、ジェラート、生ハムや飲み物を渡したり、女の子が草花をふりまいたりしてたので、更に絵になる風景になってました。Mm_sseporclo007あまりにも華やかだったので、これは是非とも切り絵にしなければなるまいと思ってたんですが、一枚の切り絵にするよりもいろんな場面を作品にする方が見る人にアピール出来るかなと思いまして。その意味では、ミニシリーズにふさわしい題材でしょうね。Mm_sseporclo018

車の事は全然知らないので、どのメーカーの何て言う車かわかんないですね。誰か知ってる方、教えて下さいませ!

017

| | コメント (9)

2008年10月10日 (金)

出しそこなっていた作品、その1。

Mm_sseporclo001 このブログでも昔の作品と当時の思い出のカテゴリーに過去に制作した作品を公開してるんだけど、2003年から始めたミニシリーズに関しては、私自身そんなに過去の作品と思ってないせいか、出しそこなってました。

今回からしばらくミニシリーズの公開をして行きます。今回は2003年に制作した「サンセポルクロのミッレミリアシリーズ」です。19点制作したうちの2点。サイズは2点とも10×15cmです。

ミッレミリアとは、イタリア語で千マイルという意味で(ミッレが千、ミリアがマイル)毎年5月に北イタリアのブレーシャから南のローマまで、千マイルの道をクラシックカーで定められた町を通過して、往復するスタンプラリーです。

サンセポルクロというフィレンツェから電車とバスを乗り継いで2時間ぐらいの所にある田舎町に美術館を見に行ったら、たまたまその日がミッレミリアの日で、この町を通過したので。町の人は民族衣装を着て出歩いてたし、広場には古いバイクの展示もしてあったりで、見ていてとても楽しいイベントでしたな。Mm_sseporclo009

このミニシリーズは初めてコルシーニの職人展に参加する時に「小さいブースに大きい作品を数点出してもお客さんに受けない。かといって大作の職人シリーズは自分のライフワークだから、どうしても展示したい。ならば小さい作品を多数作って机に並べよう。あの手のお祭系のイベントでは作品の点数が多い方が客は喜ぶし。」とこのように考えた結果、10×15cm、15×15cm、15×20cmの3つのサイズで作る事になったのです。

と言っても単に受け狙いという訳ではないです。当時、資料に使おうと撮影した風景写真が溜まってたんだけど、普段作ってたサイズの作品には向かない風景というのもあったのです。

実際作ってみると、これが実に楽しい。一番最初に作ったのがオートバイの切り絵というのもあって、何だかプラモデルを作ってる感覚でした。

サイズが小さいとすぐに完成するので、職人シリーズの合い間に気分転換として作ろうと思ったのです。(でも、実際はかなり本気で作ってるので気分転換になってないんだけどね。)以後、一年に一つテーマを決めて15点ミニシリーズを制作しようという事にしました。

というわけで、本来は職人展用の作品なので、日本で初めて個展をする時には出すつもりはなかったんです。でも画廊のオーナーさんに「小さい作品も数点でいいからあった方が良いですよ。大作ばかり展示するよりも、たまに小さい作品がある方が見ていてホッとしますから。」と言われて、そんなものかと思い展示したんです。

だから発表の機会が全然なかったんです。流石にもったいないなと思ったので、2006年に制作したナポリの風景シリーズからは15点全部個展に出すようになりましたが、それ以前に制作したミニシリーズは発表する機会が無いんです。そんな作品が40点以上溜まってるんだよね。
                      

| | コメント (2)

2008年10月 7日 (火)

ミケランジェロのダビデ像。

Photo 先日の東海テレビのスタイルプラスで紹介された作品です。番組ではこれを下絵から初めて切ってパーツを作って着色、貼り付けという一連の作業を繰り返して完成するまでが放送されました。

サイズは20×15cm。フィレンツェのヴェッキオ宮殿前に立つダビデ像です。黒枠で囲まれた部分は1パーツというルールにしてあるので、細かい部分でもよく見ると色や影の付いてる方向が微妙に違います。この作品で800パーツぐらいですね。建物のレンガの部分なんかは一枚の紙にグラデーションを付けて貼ってもいいんだけど、やはり微妙な色の違いを楽しみたいのです。「細かければ細かいほど燃える。」がモットーですから。

このダビデ像はルネサンスの三大巨匠の一人、ミケランジェロの作です。実はこの像はレプリカです。本物はフィレンツェ市内のアカデミア美術館に所蔵されています。

この像が完成した時にはレオナルド・ダ・ヴィンチやボッティチェッリなど、当時のフィレンツェを代表するそうそうたる芸術家達が委員会を結成して、どこに設置すべきかの会議が行われました。大理石の劣化を防ぐ為にヴェッキオ宮殿の横にあるランツィのロッジア(屋根が付いてます。)に設置するという意見が大勢を占めたのですが、結局は作者であるミケランジェロの意見「広場の光が必要」が尊重されてこの場所に置かれました。その後、風雨にさらされて痛んで来たので、本物は美術館に所蔵し、同じ場所にレプリカを設置したのです。でもレプリカとは言え、やはりミケランジェロの言うとおり、陽光に照らされたダビデ像は美しいですね。かねてからこのアングルは切り絵にしたかったのです。

昨年から制作している「フィレンツェの風景シリーズ」の一環として制作しました。いつもは1シリーズ15点ぐらいなんですけど、フィレンツェは長年住んでいた町なので、この作品で22点目です。まだまだ良い風景はたくさんある町ですね。「町全体が美術館」という形容は伊達じゃないですな。

| | コメント (4)

2008年10月 5日 (日)

名古屋の個展の案内状です。

052東海テレビのスタイルプラス、東海仕事人列伝を見ました。自分が動いている所を見たのは初めてです。って言うか、私はああいう声をしていたのか。

ともあれ良い感じで写ってたな。スタッフの皆さんに感謝です。

撮影中は協力して何か作ってるって感じで、普段一人で作業している私としては久々に新鮮な感覚で楽しかったです。またこういう機会があれば良いんですけどね。

もうちょっと笑顔でやれば良かったかと思ったのですが、撮影中にスタッフの人に言ったら「いや、そんな事しなくていいですから。どうぞ、そのままで。」と言われました。個展で接客する時はニコニコでやってますので、全然怖くないですからどうぞよろしく。

と言う訳で、名古屋の個展です。画像は個展の案内状に使う作品、帽子木型職人のルチアーノ・ビーニさんです。サイズは65×65cm。

切り絵師・俊寛展 ~イタリアの職人たち~

11月12日(水)~21(金)午前11時~午後6時
17日(月)は休廊ですので、お間違えなきよう。
ギャラリー彩(〒460-0008 愛知県名古屋市中区錦3丁目25-12 AYA栄ビル4F)                                 電話 052 2971 4997  地下鉄栄駅6番出口前 トップカメラ横です。

栄駅は名古屋から地下鉄東山線で2駅です。

昨年までは1Fに展示していましたが、今回は4Fの会場での展示になります。

職人シリーズの他、フィレンツェの風景シリーズとトリノの風景シリーズも展示します。   近くまでお越しの際には是非お立ち寄り下さい。

案内状をご希望の方はこちらからメールにて、ご住所とお名前を教えて下さい。発送は今月下旬になりますので。(早く出しすぎると忘れられる事もあるので。)

一昨年・昨年の個展に来てくれて記帳してくれた方の所には出しますが、お友達の分も配ってくれる方、行けないけど記念に欲し方も、ご遠慮なくどうぞ。まだ交流の無い方でも大歓迎ですので、興味のある方はメール下さいませ。

| | コメント (23)

2008年10月 3日 (金)

次は雑誌に載ります。

ここ最近いろんな話が来てますが、別にいきなり話が降ってくるわけじゃないです。ラジオは名古屋の画廊が今回の個展に合わせて宣伝してくれたおかげだし、テレビはディレクターの方が昨年の個展の時に載った新聞を読まれたのがきっかけでした。今日取材してもらった雑誌は、編集者の方が昨年12月の東京の個展に見に来てくれてました。

つまり以前蒔いた種が実を結んで来たって感じですね。時期が個展前という良い時期に重なったのは幸運ですけど。すぐに結果が出せないからといって悲観するもんじゃないですね。

と言う訳で、季刊「銀花」という雑誌に掲載されます。見本として前に発行された号をもらいましたけど、文化的な格調高い、隅々まで気が配られて編集された良い本ですよ。

私のインタビューが2ページと、中綴じで(袋綴じじゃないぞ。)作品が何点か掲載されるので、これはもうタダで作品集を作ってもらうようなものです。ラッキー♪

発行は11月25日の第156号の掲載なので、名古屋の個展には間に合いませんが、次の3月の千葉の個展は宣伝してくれるそうです。

全国の書店にて発売されますので、東海三県以外の方も買って下さいね。

明後日10月5日の日曜日、午前12時から東海テレビ・スタイルプラスに出ますので、東海三県の皆様お忘れなく。

| | コメント (8)

2008年10月 1日 (水)

今度はラジオに出ます。

昨年の個展の時もラジオに出たけど、あの時は自宅に電話がかかって来て、電話での受け答えがそのままラジオに流れたけどね。つまり生中継ですね。突然、目の前のお父さんの携帯電話が鳴り出した時はどうしようかと思ったよ。思わず床に叩きつけて壊そうかと・・・。考えてみればスイッチを切ればいいだけなんですけどね。予想外の出来事だったので焦り過ぎたようで。(父の携帯が鳴るなんて稀です。しかも朝8時に。)

今日は名古屋・栄の東海ラジオのスタジオまで収録に行って来ました。どう使うのかわからない計器がズラッと並んだ部屋の奥、大きいガラス窓で仕切られた部屋で録音。テーブルの上にマイクが置かれていて、パーソナリティの天野良春さんのいろんな質問に答えるというように行われました。

天野さんの進行が上手いせいか、スラスラとよどみなく話せました。私の切り絵について必要な説明に加えて、いくつか職人さんとのエピソードもユーモアを交えつつ話せたので気分良かったです。

しかし、オレもいろんな経験をするなあ。

放送はちょっと先で11月の個展前です。ラジオは絵が見えないから、どうなんだろうと思いますが、昨年の個展では「ラジオで聴いて興味があったので来ました。」ってお客さんがけっこういました。だからかなり宣伝効果はありそうです。

東海ラジオ 天野良春“リアル” ものづくりの美インタビュー

11月1日(土) 8:20頃(10分間)放送予定です。

放送日が近づいたら再びお知らせしますので、愛知・岐阜・三重にお住まいの方々よろしくおねがいします。

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »