« 不可能そうなテーマだけど・・・。 | トップページ | 切り絵は格闘技なのか!? »

2008年8月16日 (土)

浜松へ小旅行。

世間はオリンピック一色ですねえ。チラッとでもテレビを見ちゃうと、のめり込んで見てしまって制作が出来なくなるので、寝る前にネットでチェックするだけにしております。それでも昨日は夕御飯を食べる時に柔道の塚田真希さんの試合を見て、もうちょっとと言う所で金メダルを逃して、それでもインタビューを受ける姿を見てもらい泣きしそうになりました。悔いの残らないように生きるのって難しいな。

制作に忙しい日々を過ごしておりますが、切り絵をやってる友人、山下テツさんが静岡の浜松で個展をやってるので、早起きして行って来ました。浜松で電車の乗換えをした事はあるけど、駅の外にでたのは初めてです。

彼の作品は、切り絵と貼り絵を合わせたような感じです。この技法を「ペーパーキルト」と名付けられたそうですが、雰囲気がわかり易い、言い得て妙なネーミングですね。

私とはアプローチの仕方が違っているので、話をしていてとても面白いのです。いろいろ考えさせられます。久々の再会で偶々お客さんの流れが途切れていたので、たくさん話が出来て楽しかったです。たまには友達と会うもんですな。作品も相変わらず素晴らしいクオリティだったし、良い時間を過ごせました。

その後、鰻丼を食べました。やっぱ、浜松へ行ったら鰻でしょ!って事で。美味しかった~。

この前、お盆でお墓参りに行った時に、従姉妹と会ったのですが、彼女は鰻本体が無くてもご飯と鰻のタレさえあれば良いなんて言ってました。そんなの意味無いだろうと思うのですが「いや、意味は有るよ。」と言われました。まあ、食べ物の好き嫌いは人それぞれでしょうが、私は鰻が乗ってない鰻丼なんて嫌だなあ。

帰って制作を再開すっかなあと思いましたが、駅前に楽器博物館なる場所があるのを発見。現在制作しているのがフォルテピアノの修復職人さんの切り絵なので、ちょっと見てみるのも良いかもなあと思い行って来ました。浜松ってピアノの生産で有名な町なんですね。

友人の個展のついでに寄った博物館でしたが、これが実に面白かった!肝心のフォルテピアノも展示してあったし、来年制作する予定のチェンバロもありました。かなりマニアックな民族楽器も展示してあって、多くの楽器の音色が視聴出来ます。1,2分ぐらいですけどね。それでも、かねてからどんな音色なのか知りたかったヴィオラ・ダモーレとかシタールなんかが聴けたのは嬉しかった。

なんかまた図監シリーズの楽器を作りたくなってきちゃったなあ。ミュージアムショップで所蔵されてる楽器のカタログとチェンバロとフォルテピアノのCDが売ってたので買っちゃいました。制作中に聞いてみよおっと♪

思わぬ収穫にホクホクしながら帰って来ました。連日の制作でストレスがピークになって来た所だったので、最高の気分転換になったなあ。良い場所・良い時期に個展をやってくれた山下さんに感謝しなきゃ。

|

« 不可能そうなテーマだけど・・・。 | トップページ | 切り絵は格闘技なのか!? »

コメント

程よい気分転換でよかったですね!
これでまた次へと意欲が湧きますね(^^)

やっぱり鰻丼食べてきましたね!
ウナギパイも買ってきましたか?(笑)
そうそう、浜松は湖の東と西で天津丼のあんかけの
色が違うそうですよ。
東がケチャップの赤で、西がしょうゆ味の茶色。
・・・脱線して失礼しましたm(_ _)m

投稿: Andy | 2008年8月16日 (土) 21時50分

>良い場所・良い時期に個展をやってくれた山下さんに感謝しなきゃ。

俊寛さんにしてはいやに持ち上げてますね^^)。

ヤマハもカワイも浜松。
駅前に『フォルテ』というビルがありますが気付きましたか?竣工写真をうちで請け負ったのでよく覚えています。
(「アクトホール」もでした)

投稿: imbe★yo~ko | 2008年8月16日 (土) 22時23分

Andyさん、いやあCD2枚に加えて博物館の所蔵品のカタログも5冊買って来ちゃったから、食べ物の方まで興味が行かなかったですねえ。
天津丼が名物とは知りませんでした。今度行く機会があれば食べてみよう。

imbe★yo~koさん、ええ?そんなに普段から辛口ですかねえ?これからは気を付けよう。
アクトホールはわかったけど、フォルテは気が付かなかったなあ。
浜松駅前、パーッと開けてる割に人通りも少なくて感じ良い町だったなあ。いや人が少ないのはお盆だからか?
また遊びに行きたいな。

投稿: 俊寛 | 2008年8月16日 (土) 22時47分

うなぎよろしおすなぁdelicious
あー、日本食が食べたい・・・

投稿: こころん♪ | 2008年8月17日 (日) 00時04分

こころん♪さん、はよ帰っといでやす。
ウナギと寿司と味噌カツは日本食では私の3大好物です。

投稿: 俊寛 | 2008年8月17日 (日) 00時27分

浜松と言えば、「ウナチャ」(音しか判らない…)。
でも、全国的には名古屋の「ひつまぶし」の方が有名で周囲の人々には「それはひつまぶしでしょ!」と言いなおされました。。。何故???

浜松のピアノ工場には小学校の社会化見学で行きました。
子供心に「難しい仕事なのだな~」と思った事を思い出します。
フォルテピアノと言えばMilanoの科学技術博物館?のような所でピアノの歴史のような展示を見た事を思い出しました。同時に、その博物館はとお~っても広く、見学している間に迷子になり、閉館の音楽が流れた頃、半泣きであっちこっちダッシュして学芸員さんのいる所までなんとか辿りついて冷や汗をかいた事も思い出しました。かつて修道院だった建物に一晩幽閉されるのはあまり楽しくないな~、て。博物館の人々には「あれ?まだ人がいたの?」て顔をされました。。。

浜松から少し離れますが、浜名湖湖畔の舘山寺温泉。
観光ホテルの屋上が露天風呂だったのですが、頭上を遊園地の観覧車が通り、浜名湖からも丸見えで、なかなかスリリングなお風呂でした。
お時間に余裕のある時にお試し下さい。

投稿: MAYU | 2008年8月17日 (日) 00時56分

MAYUさん、うなちゃって初めて聞きました。ひつまぶしとどう違うんでしょうか。次に行く時に食べるものが増えて行くなあ。
ピアノ工場、是非一度見学したいですね。博物館に「日本でのピアノ製作の歴史」のカタログが売ってたんで買いました。製作の手順はだいたいわかりましたけどね。
やっぱり実物を見てみたいなあ。

それは温泉を勧めてるのか、観覧車を勧めてるのか、どっちんなんでしょうか?

投稿: 俊寛 | 2008年8月17日 (日) 10時30分

実際の楽器の音色が聴けたりするとイメージが膨らんでノッてきますよねnote

私も鰻のタレ丼に一票happy02

投稿: うさぴょん | 2008年8月17日 (日) 22時15分

うさぴょんさん、早速制作中に聞いてみたけど、かなり良いです!
タレ丼・・・。票を入れる人がいるとは驚きました。
「鰻丼をご馳走してあげるよ。」と言われて、タレ丼を出されたら・・・私だったら怒るなあ。絶交するかも。

投稿: 俊寛 | 2008年8月17日 (日) 22時34分

お勧めしたのは、温泉のほうです。
でも、私が次回行く時には遊園地の観覧車を試してみたいなぁ~、なんて。
しかし、この観光ホテルの温泉に行ったは10年以上も前で、現在も前記の様な構図で温泉も観覧車も残っているかは不明です。。。
すみません、酔った勢いで書いてしまいました。

ピアノ工場の方は断るまでも無く、20年以上も前の話です。同日に見学した自動車工場のオートメーション化と対比して、同じ「工場」でも熟練された手作業のイメージが強かったです。
20数年経った今でも同様の作業なのでしょうか。。。
私も機会がありましたら、もう一度見てみたいものです。

投稿: MAYU | 2008年8月18日 (月) 23時44分

僕の後輩(部下)がよく浜松に仕事で行きます。
浜松で新規3件取ってきた優秀な後輩です。
浜松といえばウナギですが、僕はひつまぶしが
大好きです。ひつまぶしは名古屋です。

投稿: あしたのもと | 2008年8月19日 (火) 00時33分

MAYUさん、静岡には友達がけっこういるので、前に寸又峡温泉に連れてってもらいました。雨が降ってたので露天風呂に入ってるのが難儀でしたけど。

そういえば小学校の時にトヨタ関係の工場は見学したことがあります。やっぱり地元だしねえ。
ハイテク、ローテクに関わらず、物が出来ていく工程を見るのは面白いですね。

投稿: 俊寛 | 2008年8月19日 (火) 00時37分

あしたのもとさん、それはまた遠い所へ営業にいったもんですね。しかも新規3件取ってくるなんてすごい。(なんか懐かしい話題。)
鰻丼とひつまぶし、どっちを食べると聞かれたら、両方食べます。・・・もう無理か。食欲旺盛な年齢でもないしねえ。

投稿: 俊寛 | 2008年8月19日 (火) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不可能そうなテーマだけど・・・。 | トップページ | 切り絵は格闘技なのか!? »