« ・・・失敗! | トップページ | ゴリア。 »

2008年6月 8日 (日)

水田。

Serie_di_encicropedia2_067_2  ここんとこ家に閉じこもって制作しております。時間は過ぎていくけど、真面目にやってるので確実に作品は仕上がって行く。

今日は久々に町へ出て髪を切りました。やー、さっぱりした。鬱陶しかったんだけど、雨の日は寒かったりしたので、切りに行くタイミングが難しかったんだよねー。

町へ行く時は自転車で田圃を突っ切って行くのですが、この季節の田圃は良いですね。水が張ってある田圃・・・。まあ、私は青々と稲が成長した田圃も、黄金色に穂が実った田圃も好きですが。要するに冬以外は田圃を見るのが好きなんですな。季節の移ろいを感じられるからでしょうかね。

田圃に水が入ると、夜寝る時に遠くでカエルの声が聞こえたりしますな。あれはなかなか良いもんだと思うのですけど、以前「カエルの鳴き声は良いねえ。」と女友達に言ったら「聞きたかない!」と言われました。ご婦人は基本的にカエルは嫌いなんでしょうか。「あたし、カエル大好き。」なんて事を言う女の子は素敵だと思うがなあ。

もうじき夏本番ですな。いよいよ、私が一番制作に燃え上がる季節です。

|

« ・・・失敗! | トップページ | ゴリア。 »

コメント

私も田園風景好きです。特に水をひいたばっかりで空や山が映ってる感じが一番好きです。

カエルは… かなりのミクロサイズなら!

投稿: グちあん | 2008年6月 8日 (日) 08時45分

グちあんさん、早速のご支持、ありがとうございます。あなたは偉い!
カエルは…まあ大きくなると不細工で色も汚いのが多いからね。

投稿: 俊寛 | 2008年6月 8日 (日) 09時49分

男の自分にとってカエルは面白い物でした。
小さい頃から。そうか・・・カエルの鳴く季節になったか。暑くなるなぁ・・・

投稿: あしたのもと | 2008年6月 8日 (日) 12時31分

あしたのもとさん、おたまじゃくし捕まえて水槽に入れて、カエルになって行くのを見るのは楽しかったですな。
営業担当にとっては夏はつらい季節ですね。でも仕事の後のビールと焼肉は最高だよね。

投稿: 俊寛 | 2008年6月 8日 (日) 13時02分

家の裏手が田圃なんですが、水が入った途端にカエルの鳴き声がしますよね。

これからピョンピョン飛び出し、自転車でひいてしまいそう。
紫陽花にもアマガエルがよくとまりますよね?

小さい時はよく捕まえていたけど、今は無理ですぅ・・・(><)

投稿: マッサ | 2008年6月 8日 (日) 20時53分

マッサさん、中学生の時にあぜ道を歩いてたら、飛び出して来たカエルを・・・。
以後、雨の日にあぜ道を歩くのはやめました。でも、雨の日になると歩道にも出てくるんだよね。足元に気を付けて歩かなきゃ。

投稿: 俊寛 | 2008年6月 8日 (日) 23時01分

カエルさん かわいいですよ~。
あっ 俊寛さんの切り絵ももちろん!

カエルさん
子供の頃 何度か飼った事があります。
どんなカエルか 忘れましたが、
なんせ カメさんもクワガタさんもかぶと虫君も
いろいろ 同居していました。(笑)

自然が少ない今じゃ
カエルさんの鳴き声は 聞かれなくなったよね。
動物園にいかなくちゃ わからんようじゃ
あかんねぇ。

投稿: りる | 2008年6月 9日 (月) 10時06分

りるさん、あはは。りるさん動物好きだもんねえ。いろいろ飼ってそう。今は猫だけですか?
うちの方はけっこうカエルの鳴き声は聞こえてきますがね。聞こえない土地もあるのか・・・。

投稿: 俊寛 | 2008年6月 9日 (月) 11時32分

ちょうど今日見たよ。

東京は港区、赤坂のど真ん中。

『エビみりん焼きせんべい』のごとく、カラッカラでぺったんこだったよ。

がに股に両手あげて「降参!」みたいな格好してた。

投稿: Fuyumi | 2008年6月10日 (火) 23時24分

Fuyumiさん、東京のど真ん中でねえ。どこから出てきたんだろ。田圃なんてあるんでしょうか。
・・・都会の地下の下水道に怪しげな生物が住んでそうで怖いな。

投稿: 俊寛 | 2008年6月10日 (火) 23時41分

うぉーーーーーーーーーーーーカエルだぁ~
好きですよん。って何度か私のブログに遊びにいらしていただいていますからご存知かしれませんが。
でも、ウシガエルはちょっと・・・
ウシガエルってウサギぐらいの大きさありますよね。
それを人に言うと誰も信じてくれなくて、そんな大きいカエルはいない。って言われるんですが、うちの近くはまだ結構自然が残ってて、夕方になると、ぶもぉ~ぶもぉ~ってウシガエルが鳴きます。これがまたすごい声。
本当にウシみたいです。

投稿: がっちゃん | 2008年6月11日 (水) 07時46分

がっちゃんさん、そういえばブログのタイトルがカエルですね。この季節風流ですな。
ウシガエルってそこまで大きかったんですか?あの声は一度聞いたら忘れませんが・・・。やっぱりでかいからあのすごい声が出るのでしょうか。
ウシガエルって食用ガエルの事ですが、あの外見を見てるととても食べる気にはなれないなあ。

投稿: 俊寛 | 2008年6月11日 (水) 10時54分

私はヤドクガエルの発色が好きです。

っつーかアマガエルの話ですよね。
昔おたまじゃくしを大量に捕まえて水槽に入れ
10日間程ほったらかしたら
水槽ではなく蛙槽になっていた事がありました。
流石に気持ち悪かったです。

季節を感じられる場所で作業出来るなんて
羨ましいですね。
私はいつも、あの薄暗い2階の部屋ですので。。。

投稿: なお | 2008年6月12日 (木) 08時36分

なおさん、ちわっす!!ヤドクガエルっすか。それはまた過激な・・・。でも、そのうち切り絵にしてみよう。

私の部屋の窓から見える風景なんてつまらないですよ。今、うちの横にマンションが建つので工事中だし。ちょっと離れた所でないと田圃なんて無いですよ。

フィレンツェの街中はなかなか季節を感じられる事って難しいかもね。

投稿: 俊寛 | 2008年6月12日 (木) 11時00分

あまり大きいのはちょっと・・・ですけど
アマガエルとかは好きですよ。
我が家のまわりも田圃ばかりだから、雨の前なんかは特に
たくさんのカエルさんが鳴いてますね。

水を張った田は美しいですね。
中学生の時、そんな風景を詩にしたら
音楽の先生が曲をつけてくれましたnotes
今も時々思い出しては歌ってます。

投稿: くろきち | 2008年6月13日 (金) 23時34分

くろきちさん、うちの周りは工場しかないので、周りが田圃って環境は羨ましいですね。
カエルも好きですが、水生昆虫を最近見ないので捕まえに行きたいなと時々思います。(この歳で田圃周辺をウロウロすると不審者に間違われそうだからやらないけど。)

投稿: 俊寛 | 2008年6月14日 (土) 10時07分

家も、日本の地元では、田んぼに囲まれていたので、
この時期、ここフィレンツェの家では、聞こえないので寂しいです。
近くの川でたまに耳にすると懐かしく、心地良い。

投稿: ムラサキガエル | 2008年6月14日 (土) 22時52分

ムラサキガエルさん、工房の方じゃ聞こえませんかね。草むらが多いからねえ。秋になるとバッタとか飛んで楽しそうですが。
あのカエルの声って聞いてると心が落ち着いてよく眠れると思うけどなあ(・・・この歳になって子守唄か?)

投稿: 俊寛 | 2008年6月15日 (日) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ・・・失敗! | トップページ | ゴリア。 »