« 帽子木型職人 ルチアーノ・ビーニ | トップページ | 南イタリア旅行。レッチェへ。 »

2008年5月 4日 (日)

マーブルペーパー職人 マリア・ジャンニーニ

037 フィレンツェ到着後しばらくは挨拶回りに忙しい。友人、知人、日頃お世話になってる職人さんや昨年取材させてもらった職人さん等。挨拶回りだけで3日ぐらいつぶれます。帰国前にも挨拶回りをするのですが、一度数えてみたら一日に17軒回った事がありました。コーヒーをご馳走してくれる職人さんも多いので、ありがたく頂戴してると腹がダボダボになります。

切り絵が完成した職人さんにはA4サイズにプリントした写真と和菓子をお礼に持って行ってます。私が持って行く和菓子は地元の老舗、備前屋の銘菓「手風琴のしらべ」。パイ生地の中に餡子が入ってて私の好物です。イタリア人にも受けてますよ。

さて、そのように再会した職人さんの一人、エンリコ・ジャンニーニさん。昨年取材させてもらいました。(切り絵のほうは今年の2月に完成させました。公開は11月の名古屋の個展にて。)この方はフィレンツェのピッティ宮殿の向かいにある文房具屋さん「ジュリオ・ジャンニーニ父子商会」の代表でしたが、店を娘に譲って自分は近くに工房を開けて自分の好きな仕事だけやってます。理想的な職人生活ですね。

彼らの店で扱う商品はフィレンツェペーパーで装飾した文房具です。日本でも有名なお店ですね。実は現在は文房具屋さんとして観光客でにぎわっていますが、元々は製本行が本業なのです。製本と言っても普通の本屋さんで売ってるような本ではなく、一冊ずつ手作りされた革で装丁され金箔で装飾された豪華本です。

エンリコ・ジャンニーニさんの切り絵は製本職人として制作したので、では今年はフィレンツェペーパーの制作風景を娘のマリアさんで切り絵にしようと思い、エンリコさんに紹介してもらいました。気風の良いおねえちゃんって感じの方でしたね。後日、店を開ける前にフィレンツェペーパーの実演をしてもらいました。いろんな工房を訪ねたけど、開店前に入れてもらったのは初めてだなあ。

墨流しの要領で海草で作った糊を溶かした水に絵の具を数滴たらし、針や櫛でチョチョイと模様を描いて紙をあててローラーで巻き取ると出来る。上の写真は櫛で模様を描いているところですね。下の写真が完成品。これは孔雀の羽のような感じですね。この他にもいろんな模様があって、大理石のような模様も出来るので、別名をマーブルペーパーとも言います。

Img_3314 ジャンニーニさんのお店は創業は1856年。上の写真でマリアさんが働いているのはお店の2階、別室には150年前から保存されている製本の機械が並べられていて博物館のようです。

滞在後半、近くの廃教会で職人仕事の講演会みたいなのがあって、エンリコさんもフィレンツェペーパーの実演をやってたので見に行きました。エンリコさんは大勢のお客さんに囲まれてたんだけど、私の姿を見て手を上げて会釈してくれた。他のお客さんは一斉に私を見るので、私は手を上げたまま固まっちゃいました。何か気恥ずかしかったですねえ・・・。

|

« 帽子木型職人 ルチアーノ・ビーニ | トップページ | 南イタリア旅行。レッチェへ。 »

コメント

>私は手を上げたまま固まっちゃいました。
 何か気恥ずかしかったですねえ・・・。

光景が目に浮かびますね~(笑)
でも嬉しいですよね。

歴史を刻んだお店。
建物も、置いてある物も全てが貴重な芸術品ですね!

投稿: くろきち | 2008年5月 4日 (日) 10時25分

くろきちさん、そういった物が建物の奥深くに隠されているのです。普通は見る事が出来ない部分まで見せてもらってるのでラッキーでしたねえ。

投稿: 俊寛 | 2008年5月 4日 (日) 15時49分

芸術家の輪って感じかな?
すばらしい仲間が多いね

投稿: あしたのもと | 2008年5月 5日 (月) 10時13分

あしたのもとさん、年齢的にはマリアさんあたりは同世代なので仲間って感じだけど、私より若い頃から職人仕事を始めたので年季が違うからね。ましてやエンリコさんなんかだと、遥かに高い所にいる方なんで、私の方から「芸術家仲間」とか「職人仲間」なんて恐れ多いんですけどね。まあ、暖かく見守ってもらってる実感はあるので、ありがたく思ってます。

投稿: 俊寛 | 2008年5月 5日 (月) 11時39分

マーブルペーパーを見ると、幼少の頃に、絵の具でマーブル染めをしてブックカバーを作ったのを思いだします。(全然関係ないけど・・・)
フィレンツェに行った時に、文房具を買いました。
まだ未使用ですが・・・だって、勿体なくって・・・。

投稿: マッサ | 2008年5月 5日 (月) 21時22分

マッサさん、基本的には同じですよ。でも幼少の頃にブックカバーって、考えてみればすごいですね。
私もいろんな物を持ってますが、勿体ないのと汚れるのではないかという不安もあるので、押入れにしまったままです。宝の持ち腐れですねえ。

投稿: 俊寛 | 2008年5月 5日 (月) 21時41分

良いなぁ、いつか見に行ってみたいです。
手風琴のこと、ありがとうございます(笑)

投稿: tomoxn | 2015年6月28日 (日) 06時52分

tomoxnさん、ここは老舗なので日本にもイベントで来る事はありますよ。最近は不景気なので話が立ち消えになる事も多いみたいですけど。
手風琴、なんたって地元のお菓子だからね。美味しいし。

投稿: 俊寛 | 2015年6月28日 (日) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帽子木型職人 ルチアーノ・ビーニ | トップページ | 南イタリア旅行。レッチェへ。 »