« ローマからフィレンツェへ。 | トップページ | ブロンズ職人 ランベルト・バンキ »

2008年5月12日 (月)

例のワイン。

Vino1 以前このブログで書いた、バイオリン職人パオロ・ベットーリさんのワイン。昨年の7月に彼の切り絵を完成させたら、気に入ってくれて、お客さんに配るワインのエチケット(ラベルの事ね。)にデザインを使わせてくれと頼まれたのです。

11月に東京で行われた弦楽器フェアに来られた時に、このワインを1本だけ持ってきたのですが、その時は私はもらえませんでした。この切り絵を買ってくれた私のお客さん(娘さんがベットーリさん作のチェロを弾いてます。)にプレゼントしてくれたんです。お客さんも感動するほど喜んでくれたので、私としても満足でした。

で、今回の滞在で私も貰いました。日本に持って帰るのは重いから嫌なので、フィレンツェ在住の日本人の友達と飲んじゃいました。ワインを提供したので食事は友達に作ってもらった。

この友達はソムリエをやってるのですが、かなり美味しいワインとの評価でした。いや実際美味しかった!

・・・何故かブスーとした顔で写ってますが、機嫌良いのです。これでも。美味い料理に酒、気の合う友達と過ごすフィレンツェの夜・・・。Vino2

空になったボトルのみ記念に日本に持ち帰りました。

こういう風に私の作品を使ってくれるのって嬉しいですね。絵葉書や名刺に使ってくれた職人さんもいるし、油絵用の大きなカンバスに印刷して店に置いてくれた職人さんもいます。ワインのエチケットに使うってのは考えてもみませんでしたけどね。誰かまたやってくれないかな。

一番下の写真が元になった切り絵。バイオリン職人のパオロ・ベットーリさん。サイズは75×75cmです。バイオリン本体にニスを塗っている場面ですね。床に描き込んである楽譜は私のファンタジーです。

ベットーリさんの工房は奥さんと長男、長女、次男がバイオリン職人として働いています。昨年初めてこの工房を訪ねた時は息子さん2人は旅行中で会えなかったんだけど、今回は会えました。その代わり娘さんの姿は見なかったな。

お土産に備前屋の手風琴(小豆パイです。私の好物。)を持って行ったら5分で無くなった。5個入りのを持ってたんですけどね。けっこうイタリア人にも評判は良いのですが、一瞬で消えたのは初めてかもね。美味い美味いと言って食べてくれたのは嬉しいけど、息子のうち1人が2つ食べてたので、この時不在だった娘さんは食べてなかったわけだが・・・。

|

« ローマからフィレンツェへ。 | トップページ | ブロンズ職人 ランベルト・バンキ »

コメント

ワインラベル素敵な仕上がりどすなぁ
あー、ウチも欲しいheart04
ついでに中身も欲しいhappy01
でも俊寛はんの作品がワインのラベルになってしまうなんてすごいどすなぁ
ご友人達と素敵な時間を過ごさはった様でよろしおした

投稿: こころん♪   | 2008年5月12日 (月) 22時20分

こころん♪さん、100本限定なので、私も1本もらえただけなのです。
市販されるワインになったら素敵でしょうね。・・・売り込んでみようかなあ。

投稿: 俊寛 | 2008年5月12日 (月) 22時27分

昔、あなたが退職するとき確か一緒に飲んだ気がする。
その時お酒に弱かったような気がする・・・
あれから10数年。やっぱりお酒に弱いの!?

投稿: あしたのもと | 2008年5月12日 (月) 22時59分

あしたのもとさん、お酒には弱いですよ。このワインを飲んだ時はビール1冠飲んだ後、3人で1本を分けて飲みました。流石にこの程度じゃ酔わなかったけどね。
日本にいる時は普通飲まないので、どんどん弱くなってます。

投稿: 俊寛 | 2008年5月12日 (月) 23時06分

ビール1缶のあとの写真ですか?

すでにできあがっているように見えます。
きっとあまりに楽しい雰囲気に酔われたのでしょう。。。

投稿: imbe★yo~ko | 2008年5月13日 (火) 09時28分

imbe★yo~koさん、私はすぐ顔に出るタイプなんです。2枚目の写真を見ると顔が赤くなってないから、できあがってないと思うんですけどねえ。

1枚目の写真はビールの後です。
「じゃあ、そろそろ開けようか♪」って感じでしたな。

投稿: 俊寛 | 2008年5月13日 (火) 09時45分

自分の作品がワインのエチケットになるなんて
素敵ですネ!

他の名刺、絵はがき、カンバス・・・と
使用してくれるのが粋ですねwink

投稿: マッサ | 2008年5月14日 (水) 21時30分

マッサさん、最近はイタリアに行く度に誰か何かやっててくれますので。けっこう楽しみだったりします。

投稿: 俊寛 | 2008年5月14日 (水) 23時20分

これ以前書かれていて覚えています。
フィレンツェでお友達と開けたんですね~!
さぞかし至福の時間だったことでしょうhappy01羨ましいです。
将来的に専属のワイナリーと契約して、作り手が葡萄畑で作業されている姿と景色を切り絵にしてそのワインのエチケットにして販売したら・・・。買います!happy02

投稿: うさぴょん | 2008年5月16日 (金) 00時55分

うさぴょんさん、覚えていてくれてありがとうございます。
こういう風に「一つの形になった物」っていいですね。すごく嬉しい。
・・・ワインのエチケットのデザイン、本気で考えてみようかなあ。

投稿: 俊寛 | 2008年5月16日 (金) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマからフィレンツェへ。 | トップページ | ブロンズ職人 ランベルト・バンキ »