« 旋盤職人 マッシモ・カパンニ。 | トップページ | 彫刻複製工房を訪ねる。 »

2008年5月18日 (日)

バイオリン職人 ステファノ・コニア

1077 7軒目の職人さんです。バイオリン職人のステファノ・コニアさん。

昨年11月に東京で開かれた弦楽器フェアでバイオリンの販売店「イル・ヴィオリーノ・マジコ」サンと知り合いました。これまでにもバイオリン職人の切り絵は何度か作ってましたが、全部フィレンツェで働いている職人さんでした。やっぱり一度はバイオリンの本場であるクレモナに工房を構える職人さんを取材したいので、「どこかクレモナに絵になる工房は無いでしょうか?」とマジコさんに問い合わせた所、この方を紹介してもらいました。

クレモナは初めて行きました。フィレンツェからだと1回か2回電車を乗り換えて4時間ぐらいの所ですね。初めての土地なので旅行気分で楽しかったですね。上の写真はクレモナのドゥオーモ(町の一番重要な教会)です。ドゥオーモ前の広場からは大き過ぎてカメラのフレームに収まらない。

クレモナの町は古い部分と現代的な部分が上手く調和していて、落ち着いた良い町でした。住みやすそうでしたね。

で、当然バイオリンの制作で有名な町なので、バイオリンを担いだ人をよく見かけました。

1122

下の写真がステファノ・コニアさん。40年同じ場所でバイオリンを制作されてます。一見、無愛想な感じに見えましたが、時々冗談を飛ばしてましたな。

今年も11月に開かれる東京の弦楽器フェアには行かないつもりだったらしいのですが、(飛行機が疲れるから嫌なんだそうです。)私と話してるうちに気が変わったみたいです。

「弦楽器フェアで会おう。そして一緒にSAKEを飲もう!」と言われました。

よっしゃあ!望む所だ!!まあ私は酒はそんなに飲めませんが、そのように言われたら何としてでも11月までに作品を仕上げて、弦楽器フェアに持って行こうじゃないですか!・・・しかし、これで3年連続でバイオリン職人の切り絵を作る事になるなあ。

|

« 旋盤職人 マッシモ・カパンニ。 | トップページ | 彫刻複製工房を訪ねる。 »

コメント

7人目の職人さん。いろんなその道の職人さんを取材をかねて旅していれるんですね。。
羨ましいな~。
日本国内させ一度も足を踏み入れた事がない都道府県
が多いのに世界を巡り。仕事とは言え。。楽しそうです。
クレモナはバイオリンノ名器「ストラビバリ」の
製作されて所なのですか?
名器の名も人名からでしょうか?

バイオリンは幼い頃少し習いました。。
板の削り方1つで音色が微妙に違いが出る繊細な仕事ですね。
切り絵も同じでしょうけど。。

投稿: 飛鳥の皇子 | 2008年5月18日 (日) 14時12分

飛鳥の皇子さん、私も日本国内は行ってない所だらけですよ。大阪より向こうとか、東京より向こうなんか・・・。けっこう世間知らずです。
ストラディバリは16世紀後半に登場したバイオリン職人です。クレモナで制作してたので、いまでも町のシンボルみたいな感じですね。

投稿: 俊寛 | 2008年5月18日 (日) 17時04分

バイオリン職人のきりえ 観たいです。
職人さんが 命を吹きかけているように 製作している
姿いいですよね~

投稿: りる | 2008年5月20日 (火) 22時26分

りるさん、名古屋の個展は弦楽器フェアの後なので、必ず展示します。見に来てくださいませ。

投稿: 俊寛 | 2008年5月21日 (水) 00時04分

はいなぁ!ガッテンだぁ。

必ず観に行きまつにゃ。
ネコの絵をリクエストですが・・・

どんなもんでしょう?

投稿: りる | 2008年5月21日 (水) 20時26分

りるさん、いや。猫はやらないけど・・・。それでもよろしければ是非。

投稿: 俊寛 | 2008年5月21日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旋盤職人 マッシモ・カパンニ。 | トップページ | 彫刻複製工房を訪ねる。 »