« ターラント。 | トップページ | カルタペスタ職人 ガッリ家の人々。 »

2008年5月 7日 (水)

オトラント。

246南イタリア旅行3日目。この日はEさんとEさんのお父さんの用事でオトラントへ。レッチェから車で30分ぐらいですね。町の中心部で降ろしてもらって、しばらくは自由時間。カメラを片手にブラブラする。

ここは今回初めて来ました。素晴らしい海の眺望と教会の床モザイクが有名なんだそうです。どこかで聞いた事のある地名だなと思ったら、15世紀にオスマン帝國(現在のトルコ共和国ね。)に占領されて市民が大量に殺戮されたと言う歴史を持つんだそうだ。そういう歴史のある町なら、塩野七生さんの本に出てきたかもしれませんね。時間のある時に「コンスタンティノープルの陥落」あたり読み返してみようかな。(時代的にはもう少し後みたいだけど。)

274南イタリアを旅行中は早起きで夜遅く寝てたので、この日も半分寝ぼけながら歩いてたんですが、何の気無しに入った要塞の上から海を見た瞬間に目が覚めました。目に染みるような鮮烈なブルー!

Eさんによると、この辺を仕切ってる製薬会社がオトラントの土地を買い切って、でかいホテルを建ててリゾート地にしようと企んでるんだそうだ。成る程。この眺めを見たらそうしようと思うのもわかる気がするな。まあ、私としては長い目で見るとリゾート地にすると損な事の方が多いと思いますが。私としては、こういう所は変わって欲しくないなと後で合流したEさんと別宅の前に広がる海岸で風に吹かれながら思いました。

(・・・別宅!!なんとレッチェだけでなく、オトラントにも立派な家があった!Eさんは大金持ちの家の娘だったのか!?)

海のおかげで完全に目が覚めたので元気に散策。Eさんによると「ヨーロッパ一の床モザイク」があると言う教会を見学する。入り口から祭壇まで木がすっと伸びてて、枝の間にアレクサンダー大王やアーサー王、ノアの洪水の場面なんかが描かれている。デザインは素朴ながら保存状態も良いので、ヨーロッパ一かどうかはともかく確かに良いモザイクでした。

282しかし、床の大半をモザイクが占めてて、保存の為に柵で囲って立ち入りを禁止してるんだけど、教会としては使ってるんだろうか?ミサの時とかどうしてるんでしょうね?

昼に用事を済ませたEさんたちと合流してレッチェに戻った。

|

« ターラント。 | トップページ | カルタペスタ職人 ガッリ家の人々。 »

コメント

うわぁ~、空と海の色が一緒!!
こんなきれいな海の色ウチは見たことがありまへん
写真でこんなにキレイなんやから肉眼で見た海の色はホンニきれいなんやろなぁ
床モザイクもすごいどすなぁ
あー、イタリア行ってみたい

投稿: こころん | 2008年5月 7日 (水) 19時06分

こころんさん、イタリアの海の色は本当に綺麗ですよ!
でもオトラントに行こうとすると大変ですけどね。

投稿: 俊寛 | 2008年5月 7日 (水) 19時18分

すごいキレイな海~!!
行ってみた~い!!
イタリア人には、メジャーなところなの?
日本人とかもいるのかな?

投稿: RANRAN | 2008年5月 7日 (水) 21時11分

RANRANさん、交通の便が悪い所だからねえ。レッチェまでは電車で行けるけど、そこからはバスが・・・出てるかなあ?充分マイナーな場所だと思うよ。
レッチェには日本人が住んでるそうだけど、オトラントはどうでしょうね?いないと思うけど、日本人もたくましいかねえ。私だったら、ここまでの僻地にはバカンスでたまに遊びに行くならともかく、流石に住みたくはないですねえ。でも、結婚した相手がこういう場所出身だとやっぱり住まなきゃいけないんでしょうな。

投稿: 俊寛 | 2008年5月 7日 (水) 22時10分

俊寛さんへ レッチェにオートラント。2005年に3ヶ月いたレッチェの懐かしい風景やきれいな海が、レポートされていて、感激してしまいました。
実は、レッチェはButakoの第二のふるさとだったのです。
充実した取材ぶりもブログから伺えました。
今回は私の都合でスポレートに立ち寄ってもらえなくて、ごめんなさいね。次回は是非!

投稿: butako170 | 2008年5月 8日 (木) 02時05分

butako170さん、今ブログを読ませてもらいました。レッチェがイタリア語を勉強してた所だったんですか。いろいろと面白い経験をしたみたいですね。住んでみるとまた違うイタリアの面が発見できるでしょうね。

スポレートに行けなくてこちらこそすみません。
スポレートに名物の職人仕事があったら探しといてね。

投稿: 俊寛 | 2008年5月 8日 (木) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ターラント。 | トップページ | カルタペスタ職人 ガッリ家の人々。 »