« ブロンズ職人 ランベルト・バンキ | トップページ | 旋盤職人 マッシモ・カパンニ。 »

2008年5月16日 (金)

チェンバロ職人 二コラ・パオリ

994 職人シリーズ用の取材5軒目。チェンバロ職人の二コラ・パオリさん。

チェンバロは16世紀にイタリアで発明されたピアノに似た楽器です。とても繊細な音が出ます。

この方の息子さんの彼女がミクシィをやってるのですが、偶々その方のページを見てみたらプロフィールの欄に「チェンバロ職人と一緒に住んでます。」とあったので、早速メールを送りました。その結果、取材させてもらう事になったのです。ミクシィは便利だねえ。

フィレンツェからバスで50分ぐらい行った所のサン・ドナート・イン・コッリーナと言う所に住んでいます。フィレンツェからこれぐらい離れると完全に山の中。曲がりくねった山道をバスは進む。フィレンツェって山に囲まれた盆地だったんだという事を再確認しました。 下の写真がニコラさんの家の近くから見たフィレンツェ。真ん中左よりに、白く小さく光って見えるのがアルノ川です。1025

ニコラさんは小さい城のような家の一室を工房として使ってました。建物が古いせいか、穴倉のような印象を受けました。この日は紹介してくれた息子さんの彼女は不在。私とすれ違いでフィレンツェに行ってたんだそうです。結局会えずじまいでしたね。挨拶ぐらいはしたかったのですけど。まあ次回イタリアに行く時はお礼をしよう。

話をしてみると、いろいろ共通の知人がいました。バイオリンのベットーリさんは同じ楽器職人だから知り合いでも不思議じゃないけど、禅をやってて日本語を喋るおばちゃんの事も知ってたのには笑いました。久々にその方の名前を聞いたので。フィレンツェは狭い町ですな。

どうもこの方は粗忽な人みたいで、写真を撮る前にちょっとだけお喋りをしたら夢中になって話が止まらない。で、一息ついて「ところでコーヒーのみに行かない?」と言われました。

コーヒーは良いんですけど、まず写真を撮らせてもらわないといけないのです。フィレンツェに戻るバスもそんなに本数無いし。「あの、まず写真を先に・・・・。」と言ったら「ああ、そうだった。」ですって。取材が終わった後、バールにコーヒーを飲みに行ったのですが「そうだ、コーヒーを買わなきゃ。」と言い出した。家で飲むコーヒーが足りなくなったんだそうです。で、結局コーヒーを買い忘れてバールを出て来た。・・・お茶目。

上の写真は弦を張っている所ですね。あまり写真を撮られることに慣れてないようで、どうしたらいいのか戸惑っている様子だったので、「いつも通り普通に」働いてもらいました。働き出したら真剣そのもので、大変良い写真が撮れましたな。チェンバロも絵になるし、良い作品が出来そうです。

ニコラさんの工房を辞去してフィレンツェに戻ったら夜20:00でした。けっこう遠かったなあ。でも何故か次の日にフィレンツェのドゥオーモの前でニコラさんと会いました。広いのか狭いのか、わからん土地だなあ。

|

« ブロンズ職人 ランベルト・バンキ | トップページ | 旋盤職人 マッシモ・カパンニ。 »

コメント

チェンバロはその形はピアノに似てますが
音色は優雅でその形も優美ですね。
ピアノは弦をハンマー叩き、チェンバロは弦を引掻いて
音が出る仕組みだと思うのですが?
日本の蒔絵みたいな
装飾がされていますよね。柄はフラスコ画のような
ロココの柄かな?
その職人さんなのですね。
今もその伝統受け継がれているんですね。。
素晴らしいですね。。

投稿: 飛鳥の皇子 | 2008年5月16日 (金) 20時49分

飛鳥の皇子さん、宮廷の音楽界で演奏されてた楽器ですからね。とても美しい・・・。はずなのですが、取材の時は白木のままでした。完成品も見たいものですが(勿論演奏してる所も)これから、どういう風に仕上がって行くのか創造するのも楽しかったりします。

投稿: 俊寛 | 2008年5月16日 (金) 21時22分

ピアノかと思ったら違うんだ!
イタリアは奥深いなぁ・・・
今度連れて行って下さい。
(私に時間がないかもしれないが)

投稿: あしたのもと | 2008年5月16日 (金) 23時20分

あしたのもとさん、違うんですねえ。・・・実は演奏すら聴いたことがないんですけどね。もうちょっと音楽の勉強もしないと駄目ですなあ。

投稿: 俊寛 | 2008年5月17日 (土) 00時02分

チェンバロってイタリアが発祥なんですね~。
もちろん生演奏は聴いた事がありませんが、一度聴いたら忘れられない印象的な澄んだ音色が、写真を見たら聴こえてきました。。
白髪のお茶目なニコラさんとチェンバロ。
切り絵の完成が待ち遠し~い。

投稿: うさぴょん | 2008年5月17日 (土) 00時55分

うさぴょんさん、前にテレビで日本でチェンバロを作ってる職人さんが紹介されてるのを見た事があります。きれいな音色だったなあ。
完成は・・・来年だろうなあ。一刻も早く取り掛かりたいのですが、宿題が溜まっちゃってましてねえ。

投稿: 俊寛 | 2008年5月17日 (土) 01時03分

チェンバロ耳にはした事ありましたが実際に見たことがありまへんどした
ずっと打楽器系やと思てましたcoldsweats01
ピアノに似た楽器やったんどすなぁ
ウチも音色をいっぺん聞いてみたいどす~note

作品の輪がたくさん広がって行きますね

投稿: こころん♪  | 2008年5月17日 (土) 21時20分

こころん♪さん、私もちゃんとした演奏は聞いた事がないんです。もう少し趣味の幅を広げないといけませんねえ。
まあ、こうして面白い物が見れるので楽しいんですけど、予備知識があればもっと楽しめるかなーって・・・。

投稿: 俊寛 | 2008年5月17日 (土) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロンズ職人 ランベルト・バンキ | トップページ | 旋盤職人 マッシモ・カパンニ。 »