« 彫刻複製工房を訪ねる。 | トップページ | 今やってる事。 »

2008年5月21日 (水)

彫刻鋳造工房 マリネッリ。

さて、アルノ川沿いの彫刻のお店、バザンティさんに紹介してもらった彫刻鋳造工房 マリネッリさん。ここはフィレンツェからバスで1時間ぐらいの所にあるバルベリーノ・バル・デルザという所にあります。その日、朝一番でバルベリーノに行ったのですが、ツーリスト・インフォメーションで場所を聞いてみたら、わからないと言われました。バルベリーノと言ってもけっこう広いから、端の方にあるらしく、むしろバスの終点であるポッジボンシの方が近いから、そちらのインフォメーションで聞いてくれと。納得しましたが、この辺のバスは1時間に1本なんですよね。

そこからまた20分ほどでポッジボンシに着いてインフォメーションで聞いてみたら「ここはポッジボンシだからバルベリーノの事は管轄外でわからない。」と言われました。ただポッジボンシとバルベリーノの郊外に工業団地があるので、多分そこじゃないかと教えてくれました。まあツーリスト・インフォメーションは本来旅行者のためのインフォメーションであって、工業団地を訪ねる旅行者なんていないわな、普通。

しかたないのでマリネッリさんに電話をかけて聞いてみたら「タクシーを見つけなさい。運転手に代われば行き方を説明してあげるから。」と言われました。えー、最初からそうすれば良かったんですけどね。知らない所に電話するのは緊張するのです。

そんなこんなで、ちょっとした冒険気分も味わったマリネッリ訪問。バザンティのオーナーさんが私の事を全部説明してくれてたようで、到着後もこれまでに無いほどすんなりと取材させてもらいました。一通り工場を一巡した後は「どこでも好きに撮ってかまわないよ。」というありがたいお言葉。遠慮なく撮らせてもらいました。

328_2というわけで1枚目は「まさにこれが見たかった!!」と思ってたミケランジェロのダビデ像。ブロンズ製ですね。昨日のブログの写真のように最終的には真っ黒になる。

大体の彫刻は分割して鋳造して、最後につなぎ合わせるのです。このダビデ像も溶接してる所ですね。336_2 

今回の取材では溶かした金属を流し込む鋳造の場面が見れなかったのですが、型というのは分割してある上にシリコンで囲ってしまうと原型が何かわからなくなるのです。だから切り絵にするのであれば、つなぎ合わせて形がわかる物を仕上げてる場面の方が面白いかもしれませんんね。

2枚目、珍しいアングルでしょう?

ダビデ像の頭です。イタリア行きの前に「ダビデ像のうなじを見ておいで♪」と言われましたが、うなじどころじゃないのである。このアングルだとつむじが見れます。

340_2 

3枚目はフィレンツェのメルカートヌォーボの猪。分割されてる様子が良くわかりますね。下あごや四肢がまだ付いてない状態。猪の向こうには台座があいます。こういう、オリジナルから型を取って鋳造しても彫りは甘くなるので、彫金刀や鑢を使ってシャープにする必要がある。作業としてはブロンズ職人と同じですね。

367

4枚目はヴェロッキオのダビデ像。完成間近ですね。これはオリジナルの彫刻もブロンズ製なので、本物と見分けがつかないですね。同じのが何体もあるのはちょっと不思議な気分です。さっきのミケランジェロのダビデ像の横でも、もう1体作ってました。

415

5枚目、女の子が作っているのはドナテッロのダビデ像の胸から上の部分。(ダビデ像ばっかしね。)赤いのは蝋です。これを型に貼り付けて行き、シリコンで覆う。

作業自体はブロンズの彫刻がこの世界に存在した時から同じ方法ですね。シリコンや蝋など、素材は現代の物なんだけど、技術自体は大昔から変わらない。日本のならの大仏も同じ技法で作られてるんですね。

6枚目はミケランジェロのピエタ。バチカンのサンピエトロにある彫刻ですね。オリジナルは大理石なので白いのですけどね。

水洗いした後の状態。ここまで来るとほぼ完成に見えるけど、これからまだ表面をバーナーであぶって焼き色を付けたりするんだそうです。598_2

最後に工房の皆さんと。640 丁度昼休みになったので、作業をやめてワラワラ集まって来ました。この工房では10人ぐらい働いてるかな。写真は私の作品のアルバムを見てるところです。「すごい事をやるんだねえ。」と感心されました。「いや、それはあなた達の仕事の方が凄いと思うけど・・・。」と言い返した。

みんな性格の良さそうな人たちでした。作ってる物も凄いから働いてて楽しそうだし・・・。

切り絵やめて、いっそここに就職したいと思いました!!

いや、別に彼らから「ここに就職しない?」と聞かれたわけじゃないので、勝手にそう思ったんですけどね。

ともあれ、想像以上の良い物を見せてもらったので、地に足が着いてないほど大喜びして駅への道を歩きました。行きはタクシーだったけど、2キロ程度まっすぐ歩くだけだったので。

今回のイタリア滞在での取材はここで終了。合計8軒、良いものをたくさん見せてもらいました。11月の名古屋、来年の秋の東京の個展に向けて、目の前にある物を全部吹っ飛ばすぐらい凄い作品を作ろう♪

|

« 彫刻複製工房を訪ねる。 | トップページ | 今やってる事。 »

コメント

制作過程を見ていると なんだか意欲が湧いてくるようですね。作品に仕上がるまでが 楽しいし苦しいのかな?

えっ?!
>目の前にある物を全部吹っ飛ばすぐらい

って 吹き飛ばしてくださいませ。
拾いにいきます。(笑)

冗談はさておいて
いい作品作ってくださいねぇ~

投稿: | 2008年5月21日 (水) 20時33分

↑ 私のコメです。
あっ
名前書くの忘れていました・・・すみませんcoldsweats02

投稿: りる | 2008年5月21日 (水) 20時35分

りるさん、マリネッリさんは一番最後のお楽しみにとっておくのです。その前にマリネッリさんを除いて今回取材した7軒と昨年作れなかったネタが3軒残ってるのでますはこれを仕上げてからですな。
だから吹っ飛ばすのは来年の秋かな。

投稿: 俊寛 | 2008年5月21日 (水) 21時34分

ほぉ~!つむじ、当然のことながらお初です(笑)
メルカートヌォーボのイノシシ君の鼻には爆!
赤いダビデ像、蝋の方が柔らか味を感じるような。。
ってよりも、赤だと女の子っぽいですね~(^^;

投稿: Andy | 2008年5月21日 (水) 22時06分

Andyさん、へへへ~。いいでしょ、ダビデ像のつむじ。せっかくなので触って来ました。
ドナテッロのダビデ像、元々中性的だしね。(って言うかエロい・・・。)でも蝋は確かにやわらかい感じですね。

投稿: 俊寛 | 2008年5月21日 (水) 22時36分

ダビデ像かなり大きくて重量がありそう。。
でも中は空洞になってりから。。
これ持ち上がる時、、どうするのでしょう?

つむじあるとは。。おもろいな~。happy01

ミケランジェロのピエタ、、凄くエロチックな感じで
迫るものがありますね。

投稿: 飛鳥の皇子 | 2008年5月21日 (水) 23時11分

飛鳥の皇子さん、中空とは言っても金属ですからね。持ち上げるのも運ぶのも大変でしょうねえ。

ミケランジェロのピエタ、ブロンズに置き換えられると生々しいですよね。


投稿: 俊寛 | 2008年5月21日 (水) 23時28分

どれも有名な彫刻ですね~。
ドナテッロのダビデは本物っぽいですけど、写真に既に三体写ってますからねcoldsweats01

ピエタは好きな作品です。
ブロンズも迫力があって印象的ですね~。完成品も見たくなります。

俊寛さんがここの工房にスカウトされなくて良かったです。
もし誘われていたら?返事は「Si」でしたよねぇ?!
そしたら切り絵見られなくなりますから~。

投稿: うさぴょん | 2008年5月22日 (木) 00時14分

うさぴょんさん、う~ん・・・。もし本当に「一緒にやらないか?」と言われてたら、断る自信が無いですねえ。
あまりにも素晴らしい職場だったので。
いや、まあ切り絵が一番大事ですからね。就職する事はないと思うけど、3日ぐらい思い悩むかも。

投稿: 俊寛 | 2008年5月22日 (木) 00時32分

ジュゼッペの所のなおです。

ダビデつむじの写真面白いですね。
でもその写真は切り絵にはならないですよね!?

尻の向こうに職人さんが(笑

投稿: なお | 2008年5月23日 (金) 05時42分

なおさん、初コメントありがとうございます♪
この写真、面白いんだけど、つむじが目立ち過ぎちゃってダビデ像だか何だかわかんないですねえ・・・。
制作は現在持ってるネタの中では一番最後なので、どういう構図にするかはゆっくり考えてみます。

投稿: 俊寛 | 2008年5月23日 (金) 22時53分

凄いものを見せてもらいました♪

へぇ~、こんな風になってるんやぁ~、
何体もあるんやぁ~
・・・って。

実際に見てみたいで~すheart04

今回の旅行の収穫の作品、楽しみに待ってま~す♪

投稿: マッサ | 2008年5月24日 (土) 21時55分

マッサさん、もう凄まじいでしょう♪
何体もあるので一体ぐらい欲しくなっちゃいますね。

成果は・・・一年以内には何とか仕上げたいですね。

投稿: 俊寛 | 2008年5月25日 (日) 00時57分

はじめて銅像の制作現場を見ました。
すごいですね。
さあ、がんばって切り絵にしよう!
そして友人価格で売ってください。
(あまい!?)

投稿: あしたのもと | 2008年5月25日 (日) 12時41分

俊寛さん、ずっと前に東銀座での個展を拝見しました。切り絵ってこんな可能性があるのか!と驚いたのを思い出します。切り絵の技術はもちろん、色が素晴らしく、繊細なグラデーションで光の明暗が表現され、絵に立体感がでていました。いつか商売に成功して、せめて一枚買いたい、と思ったものです。ご説明いただく姿勢に誠実さを感じ、応援したいと思いました。そのあと時々ブログを拝読しております。

このたびは、旅行記楽しく読みました。実りある旅行でよかったですね。なかでもマリネッリの取材が一番面白かったです。ダビデ像、インパクトありますが、ミケランジェロのピエタがすごいです。本物はもはやガラス越しなので、こちらの方が妙なシズル感あります。

ミラノにミケランジェロの晩年のピエタがあります。ご覧になりました?バチカンもミラノも素晴らしいのですが、晩年のピエタは、マリヤの抱えるキリストが、マリアともども昇天していくような感じを与えます。自分が年取ったせいかもしれませんが、今はミラノのピエタに、気持ちが傾いています。

9月の終わりから2週間ほど、仕事で、ローマ、ナポリ、カプリ、シチリア島を訪れます。何か良い情報あったら、教えてください。これからもよろしく。素敵な作品が出来ることを祈っています。

投稿: anan | 2008年5月25日 (日) 15時58分

あしたのもとさん、はいはい。頑張りますよん!
・・・すでにお友達価格なんだけどなあ。(個展に来てくれた方は、みんなお友達だと思っております。)

投稿: 俊寛 | 2008年5月25日 (日) 17時16分

ananさん、こんにちは。東銀座の個展というと、3年前ですね。あの頃はまだHPとブログは無かったですね。応援し続けて下さりありがとうございます。

そういえばミラノのピエタはまだ見てないです。ミケランジェロ大好きなので、ファン失格ですね。次にイタリアに行く時は行かねば。
あの作品は未完成というのもありますが、いろんな物がそぎ落とされてるようで、想像力を掻き立てられますね。

最近ではローマとナポリぐらいしか行ってないですねえ。どちらも食事は安くて美味しいですね。
ただし、この前友達に「モッツァレッラは食べるなよ。」と言われました。ナポリのゴミからダイオキシンが発生して、モッツァレッラが汚染されたんだそうです。
・・・モッツァレッラ抜きのピッツァってどうよ?結局食べちゃいましたけどね。
9月までにゴミ問題が片付くといいですね。

あ、ところで7月初めに東京の合同展があるので、近くまでお越しの際にはお立ち寄り下さい。(1点のみ展示しますけど・・・。)

投稿: 俊寛 | 2008年5月25日 (日) 17時30分

貴重なお写真ありがたいです^^
サンピエトロのピエタいいですよね〜。
再現するのはたいへんですよね。

投稿: N.kojima | 2008年5月26日 (月) 22時34分

N.kojimaさん、一枚の作品にこれだけ多くの彫刻が描けるので、ものすごく楽しみです。(確かに大変でしょうけどね。)

投稿: 俊寛 | 2008年5月26日 (月) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彫刻複製工房を訪ねる。 | トップページ | 今やってる事。 »