« フィレンツェモザイク職人 ロベルト・マルッチ | トップページ | 帰国しました。 »

2008年4月 1日 (火)

桜咲く季節に。

002_roberto 4月1日から5月1日までイタリアに行って来ます。

イタリアではパソコンを使わないので、ブログへのコメントやメールのやりとり等は、帰国するまで出来ませんのでご了承下さい。

画像は帽子の木型職人のロベルト・ビーニさん。サイズは50×40cm。2002年制作なので職人シリーズの中でも初期に制作した作品です。帽子職人が使うための木型を中心に制作していますが、その他にも様々な遊び心あふれる木の彫刻を手がけています。
折りたたんだシャツや傘の彫刻、空中でズボンが踊る彫刻「透明人間が履いてるズボン」など、見ていて楽しくなるものでした。

昨年の滞在で一ヶ月間借りた部屋は彼の持ち家でした。この家にずっと住んでるYさんは僕の昔のバイト仲間。日本料理屋でウエイターをしてた頃からの知り合いです。ビーニさんの持ち家だと言う事に気が付いたのは一週間ほど経ってからだったかな。

「なあんだ、ここビーニさんの家だったのか。」

「もう10年も住んでるからね。ビーニの娘同然やもん。」

素敵な偶然だった。気が置けない友人と同居と言う事もあって、楽しい一ヶ月間でした。今年もまたビーニさんの家にお世話になる。でも・・・ビーニさんはもういない。

ロベルト・ビーニさんは昨年の8月に脳梗塞で亡くなられました。僕が訃報を知ったのは年末にYさんに「今年も部屋を借りたいんだけど・・・。」という電話をかけたときでした。お兄さんが共同で工房を切り盛りしていたのですが、ビーニさんの半年前にも一人職人さんが亡くなっているので、そろそろ工房も閉めるんだそうです。フィレンツェの名物工房がまた一つ消える。

咲き誇る桜と散っていく桜。出会いと別れの季節ですね。人の一生は桜の花に比べると長いですね。人生を意味のあるものにする為には、綺麗な花を咲かせなきゃ。いろんな人の思い出に残るって、それが「一番綺麗な花」じゃないかなと思う。今年からはビーニ工房へ行っても、いつものように働いてるビーニさんを見る事は無い。でも、どこかでビーニさんの居る気配を感じる事はあるだろう。心の中で会釈して、僕は次の工房へ向かう。

今までの出会いを大切にしつつ、新しい出会いを求めて、桜舞い散る中イタリアへ出発だ!!

|

« フィレンツェモザイク職人 ロベルト・マルッチ | トップページ | 帰国しました。 »

コメント

weep
出会いと別れ・・

俊寛さん、元気で行ってらっしゃ~~い!

投稿: くろきち | 2008年4月 1日 (火) 09時42分

このコメントをみるときは「おかえり」だね。
また語り合おう!

投稿: あしたのもと | 2008年4月 2日 (水) 01時02分

いってらっしゃいませ。
そうですか〜。
世界的に職人さんや工芸士さんなどが
少なくなって行くのは寂しいです。

投稿: N.kojima | 2008年4月 6日 (日) 14時41分

俊寛さん、ご無沙汰です!イタリアに来られるんですね。またお会いしたいです。イタリアでの連絡先が分からないので残念!街でばったり会えるといいな。

投稿: Ryoma | 2008年4月20日 (日) 17時47分

くろきちさん、行ってきまーす!そしてただいま!
別れと出会いってのもありますよ。

あしたのもとさん、ただいま。
うん。語り合おう。熱く。

N.kojimaさん、イタリアも年々職人さんが減ってます。すごく悲しい事なんだけど、この状況をはじき返して頑張ってる職人さんもいるので、そういう方からはエネルギーをもらって帰って来ました。

Ryomaさん、あああ、お久しぶりです。今回(も)会えなくて残念でした。そういえば昔はよく町でばったり会いましたねえ・・・。

投稿: 俊寛 | 2008年5月 2日 (金) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィレンツェモザイク職人 ロベルト・マルッチ | トップページ | 帰国しました。 »