« 干支シリーズ。 | トップページ | 制作の途中経過。 »

2008年1月10日 (木)

ああ、鏡餅が・・・。

004_2ものの見事にアオカビだらけになってました。うちは普通、真空パックにしてあるのを買ってたのですけどね。今年は袋入りのを買って来たのでした。和室の床の間に置いておいたんですが、皆その存在を忘れてました。ようやく今日になって母が思い出したのですが、最早手遅れでご覧の通り哀れな姿に・・・。

こんなにアオカビだらけになった餅ははじめて見ました。なんだかとてもかわいそうな物体に見える・・・。

まあ表面のカビを削ってしまえば食べる事が出来るので、捨てるなんて勿体ない事はしませんが、袋から出してみると、やっぱりすごい事になってますね。ブルーチーズみたいです。

この後表面を削ってきれいになったけど、本当に食べても大丈夫なのだろうか・・・。005_3

|

« 干支シリーズ。 | トップページ | 制作の途中経過。 »

コメント

…ゴージャスなアオカビ…。
まるで草もちのようです。
完璧にカビを落としてしまえば大丈夫なのかも…。

そういえば、もうすぐ鏡開きですね。

投稿: mau | 2008年1月10日 (木) 11時34分

mauさん、鏡開きと言うと・・・明日ですね。カビを落とした後、小さく切って冷凍したのでもう大丈夫です。

草もち・・・ある意味、これも草もちですね。

投稿: 俊寛 | 2008年1月10日 (木) 12時34分

だいじょうびぃ~☆
カビは 生きてる証拠?
ホンマかいなぁー。

でも
多分 いいはず・・・
勝手な考えですが。

投稿: りる | 2008年1月10日 (木) 22時36分

りるさん、そうですねえ。カビも生えないような餅なんて美味くないでしょうな。そういう餅も売ってそうだけど・・・。
明日食べてみます。

投稿: 俊寛 | 2008年1月10日 (木) 23時08分

青カビなら大丈夫さ。赤いと危ないけど。
お腹を壊したら、腸のお掃除と思えばいいのさ。
勝手なことを行っているかな!?

投稿: あしたのもと | 2008年1月11日 (金) 00時21分

あしたのもとさん、え?そうなの???アオカビって食べれるんだ。それは知らなかった。確かにチーズに生えるアオカビは食べれるけど・・・。そもそも同じ種類だっけ?
でも怖いからちゃんと削って食べます。

投稿: 俊寛 | 2008年1月11日 (金) 01時30分

黴が生えたってことは、薬品が入ってないってことじゃないですか(プラス思考)
こそぎとって、外で十分乾燥させてから、油で揚げるのもいい方法ですよ。
熱々のにさっとお醤油かけて・・・
(ちなみにこんな感じ↓)
http://mieisogni.exblog.jp/5422771/
オススメです!

投稿: Andy | 2008年1月11日 (金) 22時21分

Andyさん、結局揚げ餅になりました。塩振って食べたけど美味しかったよ。

投稿: 俊寛 | 2008年1月11日 (金) 22時38分

私も今までカビの部分だけ削って食べてました。
でも先日の新聞記事で「今は外国から入って来ているカビも
あるので、食べない方が良い」と書いてありました。
う~~ん、何を信じるか??

投稿: くろきち | 2008年1月15日 (火) 23時20分

くろきちさん、ゲッ!!それはものすごく怖い!カビじゃなくても病原菌が入ってきて性質が変わるという事は有り得るかも。
いずれにしろ自分の身は自分で守るしかないですねえ。

投稿: 俊寛 | 2008年1月16日 (水) 00時57分

支持!!

投稿: andy.nir | 2008年1月16日 (水) 13時19分

andy.nirさん、多謝!!

投稿: 俊寛 | 2008年1月16日 (水) 14時23分

年明けの職場でインフルエンザに感染しました。
病中、俊寛さんのブログ見たら、スナネズミとかアオカビとか懐かしい名前見つけて、学生時代を思い出しベッドの中で「動物のお医者さん」とか「応用微生物学」の教科書読んでました。アオカビであろうPenicilliumu属(アンダーバー、出ない。。。)の胞子は、顕微鏡で見ると綺麗ですよ~。

投稿: MAYU | 2008年1月16日 (水) 21時39分

MAYUさん、新年早々大変でしたね。もう回復したのでしょうか?ご自愛くださいませ。

えー・・・マニアックな話ですねえ。気になって画像を検索してみましたが、小さいホウキみたいで可愛いですね。

投稿: 俊寛 | 2008年1月16日 (水) 23時40分

こんにちわ!
フィレンツェから戻って2週間経ちました。なぜもっと若い時にここに来なかったのだろうと悔みました。また初めての場所とは思えないほど居心地がよい町でした。日本での自分の生活に戻りあの町へ想いを馳せる時胸が熱くなります!!
 しかしながら本来の自分の目的である仕事を前進させなくてはいけない。と同時にあの町と私の仕事を繋ぐ方法を密かに模索し始めています。この年齢で感じた何かが仕事にどう反映されて出てくるのか我ながら楽しみです。
 フィレンツェの町を探索中にあなたの作品「宝箱の中で」のモデルとなったお店を見つけました。入口の扉近くにあなたの作品の縮小版が飾ってありました。お店は切り絵の雰囲気通りでした。あなたの作品がうまくそれを表現されているのがわかりましたし、なぜか懐かしいような気がしてしまいました。 
 これからも良いお仕事されて下さい期待しています。
私もシブトクやっていきたいと思います。ミセス・アマノ

投稿: ミセス・アマノ | 2008年1月23日 (水) 14時15分

ミセス・アマノさん、お帰りなさいませ。楽しい旅行だったようで良かったですねー。
いろいろとエネルギーをもらったようですね。私も毎年フィレンツェ滞在で、いろんな人から刺激を受けて帰って来ます。「明日から頑張るぞ!」みたいな感じで。

仮面職人のデッシさんの店ですね。写真を飾ってくれてたんだ。前回の滞在で私が持っていった写真かな・・・。そういう風に私の作品を使ってくれてると嬉しいですね。次に行くのが楽しみです。

投稿: 俊寛 | 2008年1月23日 (水) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干支シリーズ。 | トップページ | 制作の途中経過。 »