« 製本職人、エンリコ・ジャンニーニ(後編)。 | トップページ | 今年のフィレンツェ滞在のまとめ。 »

2007年6月26日 (火)

ギンヤンマとカブトムシ

Img_3477 今日はすごく蒸し暑いですね。耐えられなかったので扇風機を使ってます。

さて、2007年のイタリア滞在記ですが、滞在中は暑い日が続いてました。ほとんど半袖で過ごしていたのですが、帰国する3日前に急に天気が悪くなって、コートが要るほど寒くなった。そういえば昨年も帰国する前日が雨が降って寒かったっけ・・・。帰国する日は天気は良くなってましたが、その後もしばらくフィレンツェは雨が降って寒い日が続いていたらしい。

で、あの日、雨に打たれて弱っちゃった昆虫が引っ繰り返ってる事が多かったみたいで、普段見かけない昆虫を拾いました。画像は日本のギンヤンマにそくっりな大型のトンボです。フィレンツェの南の方はローマ門から10分も歩けば丘陵地帯になってて自然が残っているので、こんなのが生きている。もっとも瀕死の状態だったみたいで、引っ繰り返ってもがいていたんだけど。・・・写真を撮った後、葉っぱの上に乗せておいた。

日本でもギンヤンマなんて捕まえた事が無かったんですがね。

1_1 そして、同じ日にローマ通りを歩いていたらカブトムシを見つけた!完全に街中なんだけど、フィレンツェにはプライベートの庭園が点在しているので、そういう所に住み着く事があるらしい。やっぱりこのカブトムシも雨に打たれて弱ってたみたいで引っ繰り返ってた。最初なんだろうと思ったんですよね。拾い上げてみると角があるので、これはスカラベか?と思いました。スカラベってのは糞ころがしの事ですね。牛や馬の糞を丸めて、安全な所に運んで中に卵を産み付けるやつ。これも一度見てみたいものです。雨に濡れて泥だらけだったので洗おうかと思いましたが、もうすぐ死んじゃうのに洗うのはかわいそうだなと思い直して、こいつがやって来ただろうと思われる庭園に放り込んでおいた。私有地なので入る事は出来ないのです。よって写真は無し。マウスで描いてみました。背中に角が2本、大きい角は日本のカブトムシみたいに枝分かれしてなくて、スッとまっすぐにとんがってる。体長は5cmぐらいですか。日本のカブトムシの半分ぐらいですね。どうやらこいつが「ファーブル昆虫記」にほんのちょっとだけ記述がある「オウシュウカブトムシ」なのではないかと思う。

こういうのを捕まえると「ラッキー♪」と思います。一日気分良く過ごせる。

|

« 製本職人、エンリコ・ジャンニーニ(後編)。 | トップページ | 今年のフィレンツェ滞在のまとめ。 »

コメント

子供の頃にシオカラトンボに指を噛まれて以来、トンボを捕まえる事は出来ひん様になりました^^;

子供の頃は蝉やてんとう虫etc...触れたのに大人になってからは触れん様になってしもたわ~

これから昆虫の季節がやって来ますなぁ

投稿: こころん♪ | 2007年6月26日 (火) 20時10分

こころん♪さん、最近はシオカラトンボもあまり見ませんからね。ものぐさな性格なので、昆虫を飼おうとは思いませんが、捕まえるのは好きです。そこらにタマムシでも歩いてないかなあ・・・。

投稿: 俊寛 | 2007年6月26日 (火) 20時32分

微妙にカブトムシの色が違うところ いいねぇ。
いまにも よちよちと歩きそうだねぇ・・・

投稿: りる | 2007年6月26日 (火) 21時51分

りるさん、色は日本のカブトムシと似てます。微妙に赤が混じってます。
もうちょっと頑張って描こうかと思ったけど、なんか自分がすごく暇人に思えてきたので、ここで止めました。

投稿: 俊寛 | 2007年6月26日 (火) 22時44分

このカブトムシをマウスで描かれたんですか?!
普通マウスで描く絵って言えばもっとガタガタしたのしか見たことありませんよ~。いやぁびっくりしました。
色も微妙に違ってて、いい感じに存在感ありますね。

投稿: うさぴょん | 2007年6月27日 (水) 09時17分

うさぴょんさん、ほんの落書きです。
私もそんなにコンピューターに詳しいわけじゃないからCGアートなんか見ると、どうやって作るんだろうと思いますな。

投稿: 俊寛 | 2007年6月27日 (水) 10時04分

わかる、わかる、その気持ち

投稿: N.Kojima | 2007年6月28日 (木) 16時59分

N.Kojimaさん、夏休みのイメージと重なってるからだろうね。

投稿: 俊寛 | 2007年6月28日 (木) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 製本職人、エンリコ・ジャンニーニ(後編)。 | トップページ | 今年のフィレンツェ滞在のまとめ。 »