« 新シリーズスタート。 | トップページ | 何をやってんだ・・・。 »

2007年3月24日 (土)

探偵ナイトスクープで。

さっき見ていた「探偵ナイトスクープ」で、洋食のコックさんが長年の間、使い続けたオムライス専用のフライパンの寿命が近づいたので、新しいフライパンを探偵と一緒に探しに行くという話がありました。

普通のフライパンの厚さはだいたい1、6mmから薄くてもせいぜい1、2mmですが、そのコックさんが使っていたのは1mm以下。熱がすばやく伝わる為に使いこなすのはかなり難しいのですが、その分美味しいオムライスが作れるんだそうです。

現在ではこの厚さのフライパンは使う人がいなくなったため生産されてないのだそうで、番組でもあちこち探し回ったけど、ついに見つかりませんでした。

そこで町工場の人に頼んで、新しいフライパンを作ってもらってました。最後にコックさんが作ってくれた町工場の人に、出来立てのフライパンでオムライスを作ってめでたしめでたし。

・・・いやあ良い話だった。磨り減るほど使いこなした、こだわりを持ったフライパンを探す熟練のコックさん。需要がないから生産できないというメーカーに代わって、一致協力して理想のフライパンを作る町工場の職人さん達。そして出来上がったのが美味しいオムライス!(平和の象徴のような料理だな~。)テレビ見てジーンと来ちゃった。

今の世の中って、そこそこの物が安い値段で何時でもどこでも手に入る傾向になって行ってますね。こういうのをグローバリズムと言うのでしょうね。それはそれで良いのでしょうが、世界中の価値観が均一化して行くと、本当に良いもの、本当に欲しいものは手に入れることが出来なくなるのではないでしょうか。便利さを得た半面、いろんな大切な物を失う事にはならないかな。

やはり小回りの利く職人さん(もしくは職人的な仕事をする人)ってのが減って来ているせいだと思う。最大公約数的な価値観を追わずに、目の前にいる人の為に働くという、職人的な考え方がいかに大切な事か。世間の人に訴えていかなくちゃなと、テレビを見ていて思った。

|

« 新シリーズスタート。 | トップページ | 何をやってんだ・・・。 »

コメント

やぱ自分の使うものにはこだわりがあるんですよ☆ミ
自分も今ほしいスキバサミあるんですけど、なかなか自分のほしい質感を出せるのがなくってあっちこっち探しまくってマス♪

投稿: まだん | 2007年3月24日 (土) 10時42分

お待たせしました(笑)久々の書き込みです。
先日は追い込みで忙しい中、??なメンバーに加わっていただき
ありがとうございました。

額は気に入ってもらえるかどうか・・・
こんなのもありかな、とちょっと気分を変えて選んでみました。
また見てください。

最近、自分なりのこだわりを持って暮らし始めた人が増えてきたように
思います。
そんな人たちに、俊寛さんの作品を知ってもらえたら、と思っています。
大した事はできませんが、これからも応援していきますから
職人展に向け、もう一頑張りしてください。
また息抜きに来て下さい(かえって疲れる? 笑)

投稿: くろきち | 2007年3月24日 (土) 11時00分

俺も見てたで!
始まった時に、こんなん東京まで行って探すくらいやったら東大阪で職人に作ってもろたらええねん!って嫁と言ってたら最後はほんまにそうなってびっくりしました。

ちなみにああいう小さな工場ほんまに多いです。
たしか銅で出来てる業務用のたこ焼き機も東大阪で手作業で作られてます。

投稿: sum ID e | 2007年3月24日 (土) 18時12分

まだんさん、流石、わかってるねえ。
靴作りの道具なんかでも、生産がされなくなった物も多いので、骨董市で見つけ出して来る人もいます。
手作業用の道具がどんどん姿を消して行ってるんですなあ。

くろきちさん、すみませんね、何かコメントを強要したみたいで・・・。(強要したのか。)先日は面白かったけど、何か吸い取られたような気がしないでもないかな。
いろんな事にこだわる人・・・むしろ世間が均一化して来ているから、目立っているのかも。もしくは画一化された社会に対する危機感があるのかもしれませんね。とりあえず私は自分の作品を発表していく事で、物作りの良さを訴えていこうと思います。

Sum ID e さん、あれ?関西地方でも同じ時間に放送してるんだっけ?深夜放送って地方によって放送日が違うのではなかったですかね。
たこ焼き機はイタリアにも持ち込んでる関西出身の留学生が多かったですねえ。東大阪で作られた物もあるかな。自分の作った物が旅をしていると考えると、さぞ楽しいだろうなと思います。

投稿: 俊寛 | 2007年3月24日 (土) 18時46分

日本に比べたらイタリアには
そういうこだわりがまだ残っているけれど
少なくなってきましたよねぇ。

時間に終われるような暮らしは疲れるので、
きちんと自分のほしいものを見極めて
もうちょっとゆっくり生きたらいいのにね。

投稿: albero4 | 2007年3月25日 (日) 00時20分

まあ、電車やバスが遅れたり、銀行がいいかげんだったり、勘弁して欲しい所もありますが、のんびり生きているという点でイタリア人の国民性を羨ましく思うこともあります。
で、そのイタリアでも職人仕事が減っているという事実。

投稿: 俊寛 | 2007年3月25日 (日) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新シリーズスタート。 | トップページ | 何をやってんだ・・・。 »