« 堂々巡り | トップページ | 夜食・・・。 »

2007年1月28日 (日)

野外学習。

名古屋の芸術文化センターに行って来ました。知人が合同展に出してたし、日展もあったので。他の人の作品を見るのも勉強の内ですな。

日曜日なので、日展の方は流石に人が多かったです。見る妨げになる程ではなかったですけどね。作品も面白かったですが、作品を見る人たちのお喋りを聞いてるのも楽しかった。いろんな物の見方があるもんだなと・・・。

日本画の展示室で出品者らしい人がお弟子さん達を連れて、他の作品の批評もやってました。批評されてる本人が聞いたら喧嘩になりそうな事を言ってましたな。しばし耳を傾けていたら「こういう作品のように細かい部分にこだわると、絵全体が小さくまとまって、せせこましくなる。」という言葉が私の耳にスルリと入り込んできた。・・・それって私の事だろうかと一瞬考え込んじゃいました。

|

« 堂々巡り | トップページ | 夜食・・・。 »

コメント

手法がちがければ、それは当てはまらないとおもいます。
日本画の場合、なにもしていなくても、
そこには、にかわ、ごふんなどを塗っていたり、
たしかに、間って大事だとはおもうのですが、、、

投稿: N.kojima | 2007年1月29日 (月) 08時58分

そこに作者がいたら、とは考えずに批評されていたのでしょうが、
もしそれが逆の立場だったらどうなんでしょうね。
私は自分の世界に浸って、静かに鑑賞したいほうです。
2月に入ったら日展を見に行く予定です。

投稿: くろきち | 2007年1月29日 (月) 09時51分

N.kojimaさん、しばしば作品の本質を理解せずに的外れな批評をしてる人もいますね。批評するのも、されるのも難しいものです。私も一昔前は若気の至りで喧嘩になった事が何度かありましたなあ・・・。(人の事は言えませんね。)

くろきちさん、後で知人にこの話をしたら、「日展に出品してるような人達は、みんな自分の作品が一番だと思ってるからね。」と言ってました。批評というと、どうしても上から見下ろすような発言になるからなあ。実のある議論に発展して行けば良いのでしょうけどね・・・。


投稿: 俊寛 | 2007年1月29日 (月) 11時31分

ワシなら「あ~、せせこましい絵って、好きだなぁ~!」と言うかもです。
貴兄と同じくマクロな目になっちゃってますからね。

投稿: hirorentina | 2007年1月29日 (月) 12時50分

いや、昨年10月の個展用の切り絵は1m四方で、私の作品の中では今の所最大のサイズでしたが、最初「もっと大胆に、あまり細かくならないように切ってみよう。」と思ってデザインしたのですが、結局いつもと同じような細かさになってました。身に染み付いた感覚は取れないみたい。以後開き直って「より大きく、細かく、丁寧に。」というスローガンでやってます。

投稿: 俊寛 | 2007年1月29日 (月) 12時57分

俊寛さんは心が広いですよねー。人の作品についての批判などを耳にしたら、アタシだったら非常に不愉快になりますです。
美術館や博物館でのお喋りも許せないタイプですし・・・(-_-;)

投稿: まめこ | 2007年1月29日 (月) 21時12分

いえいえ、自分の作品について批評された場合は内容のいかんによっては腹を立てる事もあるかも・・・。本質が全然わかってなかったり、同じ事を繰り返して言われた場合なんかは。でも批評する人って、だいたい自身満々だから反論しても人の話は聞かない事が多いです。だから最近は議論は避けるようにしてるんですけどね。

自分の個展の時は私自身が率先してお喋りを始めるので、静かに見たい人にとってはうるさいかもしれませんね。つい作品の解説をしちゃうんだよなあ。解説を聞くのが楽しいと言ってくれる方もいますが、皆そうとは限らないので見極めはしなきゃなと思います。

投稿: 俊寛 | 2007年1月29日 (月) 22時45分

俊寛さん、こんにちは♪
確かに、人のおしゃべりって面白いですよね。
突っ込みたくもなるし、びくっとしたりもします。
刺激になりますよね~♪

投稿: 桂子 | 2007年1月30日 (火) 14時48分

こんにちは桂子さん。
あー、人のお喋りねえ。だいぶ前だけど従姉妹と歩いてたら、立ち話してる見知らぬ人の会話に小声で突っ込みを入れたら従姉妹に「参加しないの!田舎者だよ、それ。」と笑われました。以後押さえて生きてます。

投稿: 俊寛 | 2007年1月30日 (火) 16時20分

私も 27日に 行ってきましたよ。
日展もついでに 見たのでありますが、どう見てもいいのに
賞がとれていないのがあって 残念でしかない作品が2点ほどあった。

審査のひと どこみてんのよ って言いたくなるw・・・・・

投稿: りる | 2007年2月 2日 (金) 09時54分

審査員の方々の好みもあるでしょうね。みんなレベル高いから選ぶのも大変だろうなと思います。

投稿: 俊寛 | 2007年2月 2日 (金) 12時29分

芸術家は、皆そうですよ、そうでなくてはいけないと思うし、自分の作品が最高と思って制作しているんですから。
他人のをけなしたり、悪く批判したりはいけないなと。
まして、それを他の人に「この作品は・・・・がいけない。」とか強要じみたことを言うのは最低だと思います。
私も会場でそういう会話を聞きますが、気分悪いですね。
芸術は、個性ですものね。
作る人が良ければそれでいい。見る人が好きならそれでいい。

投稿: おだにせいえい | 2007年2月 3日 (土) 08時50分

昔、師匠に「誰が見ても良いと言うような物を作りなさい。」と言われた事がありました。言葉にすると一言だけど、いざ実践するとものすごく難しいです。ただそういう心構えは持たなきゃいけないなと思います。
私は自分の作品について「最高の出来だ!」と思うのではなく、「まだ上はある。」と思って制作してますがね。そりゃ自分の作品を肯定しなきゃやっていけないし、毎回ベストは尽くしてますが、完成した瞬間に古い物になりますから。思い上がりたくはないですね。

投稿: 俊寛 | 2007年2月 3日 (土) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156886/13698635

この記事へのトラックバック一覧です: 野外学習。:

« 堂々巡り | トップページ | 夜食・・・。 »