« ・・・ダメか。 | トップページ | 秋を感じる時。 »

2006年11月 3日 (金)

ちょっと思い出した事。

まだ新作は完成しないので継続して制作中ですが、手を動かしつついろんな考え事をしててフト思いだした。

フィレンツェで下宿してた頃は自炊してまして、時々友達が食べに来てました。自炊歴10年なので、そこら辺の女の子よりも料理の腕に自信はあるのです。

さて、ある日珍しく女の子にご飯を作ってもらった事がありました。カレーライスとポテトサラダだったのですが、これがものすごく塩辛かった。せっかく作ってもらったので全部食べましたが、後でこの女の子から聞いたのですが「塩加減がよくわからない。」と・・・。

料理に自信があると書きましたが、別に特別な事を出来るわけじゃなくて、料理について私が気を付けてる事は、1.ちゃんとした材料を使う事。2.焼き加減に気を付ける事。3.塩加減に気を付ける事。以上3点です。これだけ守ってれば、まあ食べれる物は出来上がるのです。

で、彼女がわからないと言う塩加減ですが、こんなのは味見しながら塩を加えればそれですむじゃないかと思うのですが、そう言ったら「味見してもさっぱりわからない。」と言われました。・・・そんな事はないと思うがなあ。味音痴というのはこういう人のことを言うのだろうか。

で、思い出した事が一つ。高校時代に美術の時間に「油絵が上手く描けない!」という友達に「こうやるんだよ。」とちょっと描いてあげた事がありました。結果、私が手を加えたリンゴの部分だけ立体的になっちゃって、全体からは浮いて見えた。(今思えば嫌なやつだよな、オレって・・・。だいたい手伝ってもらった事がバレバレだっての。)その時に不思議に思ったのが、多くの生徒が、例えばリンゴを描くのに赤しか使ってなかったり。私も余計なお世話が過ぎて「リンゴだって赤だけじゃないんだよ。光の方向や強さで色なんて違うから、白や黄色や黒や緑を適当に混ぜて塗っていかなきゃ。」なんて事を教えてあげたんですが、やっぱりみんな赤しか使えなかったり・・・。

色の違いがわからないって事はないと思うのですがね。だから、私にご飯を作ってくれた女の子と同様に、普通は視覚や味覚を通じてインプットする事は出来ると思うのですが、それをアウトプットして再現しようとすると出来なくなるんじゃないかと。

アウトプットに関しては、何も視覚や味覚だけでなく、対人関係においてもアウトプットの仕方が悪くてあらぬ誤解を受ける事はありますね。考えてる事を上手く言葉や態度で表現出来なかったり。私もいろんな失敗を繰り返したものですが、その話は本筋と関係ないので置いときます。

私が出した結論ですが、人間の内的な世界とはインプットした情報が多いほど広がり、上手くアウトプットしていく事でその人の魅力が出来て行くのではないでしょうか。要はインプットとアウトプットを繰り返していく事で自分の感性を磨く事につながる。

私の作品に関してでも、昔の自分では出せなかった色というのが現在では出ていたりします。つまりこれって、当時は感知する事が出来なかった色が出せて来たという事ですな。そしてこれからも修行次第で、更に上のレベルの色を出す事は可能だって事だ。やっぱ、何事も積み重ねだな。

・・・しかし、私の最後に出す結論って毎回同じだな。これは進歩してると言えませんな。うーむ・・・。

|

« ・・・ダメか。 | トップページ | 秋を感じる時。 »

コメント

こんにちは、
実際にやってみないとインプットしていたつもりが実はちゃんとインプットしてなかったのだな、、って分かるときありますよね。
私も絵付け教室始まってから、「木」をみるとこげ茶、黒、赤茶といろんな色が見えるようになりました。
あといつも助手席で通っていた道なのに自分で運転してみると景色が違って見えたりするもんですよね。
でも料理の場合は、、、やっぱり数多く作ることなのかな、、。

投稿: mariya | 2006年11月 3日 (金) 07時41分

こんにちはmariyaさん。
インプットとアウトプットの作業が上手く行かないと、人から「天然ボケ」と笑われます。
あと先入観にとらわれていると、見えているのに感知してない事もありますね。確かに「木」なんかはどうしても茶色のイメージがあるから、(普通、子供は茶色で塗りますね。)そこから脱却しようとすると難しいでしょうね。

料理については、最初嫌いな物でも食べ慣れるにつれて好きになるって事もあります。私はイタリアに住み始めた時「オリーブ」と「エスプレッソ」と「ガス入りミネラルウォーター」が美味しいと思いませんでしたが、今はどれも好きです。

投稿: 俊寛 | 2006年11月 3日 (金) 10時37分

こんにちは。
「そうそう」と思いながら読ませていただきました。

私も昔は頭の中に浮かんでいる絵をなかなか描き出すことが出来なかったのですが、少しずつ少しずつ描けるようになってきました。でも、まだまだなのですが。

料理も「これは家事ではなく趣味」と思うようになってから、少しずつ少しずつ美味しく作れるようになってきています。(今頃かい)

カホンという四角いスピーカーみたいな形の楽器を買ったのですが、これも少しずつ少しずつ叩けるようになってきています。

何をやっても少しずつなのですが確かに進歩していて、あきらめずに続けることが大事なのだな、と思います。死ぬまでずっと発展途上なんですね。

投稿: 林本ひろみ | 2006年11月 3日 (金) 11時29分

こんにちは、林本さん。

カホン・・・初めて聞く楽器ですね。調べてみたらペルーの打楽器だとか。マニアックですなあ。

逆に何もやらないと、どんどん衰えて行くんですよね。私のイタリア語とか・・・。

投稿: 俊寛 | 2006年11月 3日 (金) 13時44分

とある小さなイタリアンレストランでのこと。
夏になると厨房の温度と湿度が異常に高くなるんです。
コックさんたちは皆ものすごく汗をかいて、水をたくさん飲む。
すると塩分がほしくなる。
味付けが段々塩辛くなってゆくんです。
それで、夏はホールの女の子で味覚が良い子に味見してもらっていましたね。
塩味って少しづつでも濃くなってゆくと麻痺してゆくんです。
一度我慢して薄塩に味覚をならしてからでないと、元にはなかなか戻れません。
肉体労働をする人がよく食べに行く、お店なんかはちょっと塩辛い。
食べると、その店の客筋がわかりますよね。
って、お塩の話に終始してしまいました(笑)
話は変わって…
私アウトプットがヘタです(^-^;

投稿: mau | 2006年11月 3日 (金) 20時35分

お久しぶりです、mauさん。

なるほど!すごい説得力のある話ですね。そういえば、私の知ってるレストランも時々塩気が強かった。

それにしても、食べると店の客筋がわかるなんて、鋭い観察力ですね。とりあえずmauさんはインプット能力に関してはすごいんじゃないでしょうか。

投稿: 俊寛 | 2006年11月 3日 (金) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156886/12532737

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと思い出した事。:

« ・・・ダメか。 | トップページ | 秋を感じる時。 »