« 作品追加。 | トップページ | 気合入れて行きますか! »

2006年7月 4日 (火)

木彫職人、カルロ

Img_1525 久々に職人紹介です。木彫職人のカルロ・プッチーニさん。職人展の私のブースにて。彼はこの職人展に参加しているわけではないのですが、今年は彼の切り絵を展示したので、奥さんを連れて見に来てくれました。

作品は向かって右側の上。光が反射して何が描いてあるかまったくわからないですね。

下の画像が工房の様子。眼鏡をかけてると別人みたいですね。木製の燭台を作っている所。のみで木材を彫るのだけでなく、金箔を貼ったり色を塗って金属のように仕上げた後、わざと汚して骨董品のように仕上げたりも出来る。

この方の工房は私が昨年・今年と下宿していた家の近くでして、外出する時はほぼ毎回工房の前を通るので、ある日モデルになってくれるよう頼んだのです。最近は友人からの紹介か職人展で知り合う事が多いので、自力で開拓したのは珍しい。

Puccini001下宿から近かったため、よく立ち話をしたのですが、展示会前にポロッと「毎回、額縁を用意するのは大変だ。」と言ったら、「じゃあオレの額を使えばいいじゃないか。」と言ってくれました。展示会寸前だったし、サイズ的に合わなかったし、傷でも付けたら大変なので断りましたが、そう言ってくれた事はすごく嬉しかったです。カルロさんとしても和風の切り絵とイタリア的な自分の額を合わせてどうなるか興味があったらしい。まあ、確かに毎回間に合わせの額なので、一度ちゃんとした額に収めてみたいと思ってはいましたが。話し合いの結果、来年一点だけ借りることにしました。という事は来年も職人展に参加するという事になっちゃいましたけどね。(ああ、お金が・・・。)

今回いろんな物をもらいましたが、物だけでなく、いろんな好意も受けて来たと思います。・・・何もかも物をもらっちゃったら、かえって困るでしょうしね。「オレが作ったタンスだ!持ってけ!」とか「鉄の扉」とか「街灯」とか、そういう物を日本まで運ぶのは無理だ。

ところでカルロさんは今回初めて職人展を見に来たのですが、大いに興味を持ったそうで、来年は参加するつもりなんだそうです。

|

« 作品追加。 | トップページ | 気合入れて行きますか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156886/10786502

この記事へのトラックバック一覧です: 木彫職人、カルロ:

« 作品追加。 | トップページ | 気合入れて行きますか! »