« オルゴール職人、コロンバーニ | トップページ | バカンスの話、つづく »

2006年6月19日 (月)

バカンス♪

Img_1267 バカンスと言っても最近じゃなくて、5月6日と7日の話です。一ヶ月以上も前ですね。帰国後はほとんど外出せずに真面目に制作に励んでおります。やれやれ。

前回のブログで紹介したオルゴール職人のゴッフレードさんの工房を取材が終わって、後はバカンスを楽しもうという事で、ここまで車で連れて来てくれた友人のFと一緒にぶらぶら歩く。

クアルナという所は良い感じの山村であるが、田舎過ぎて何も無さ過ぎるってのがなあ・・・。バール(立ち飲みの喫茶店)が1軒も無いぐらいだった。いや、一応この土地にも名物があって楽器製作が有名なんだそうです。(画像1)広場の地面にホルンが敷石で描かれていますね。町に一軒しかないホテルにも時々日本人の音楽家が泊まりに来たりする事もあるそうです。ものすごい交通の便は悪い所なんだけど、どうやってここまで来れるんだろう・・・。で、楽器の博物館があって、これはけっこう見ごたえがあるとゴッフレードさんも薦めてくれたんですが、行ってみたら開館しているのが6月から9月まででした。・・・結局30分程でクアルナの観光終わり。

Img_1167 クアルナの町の麓にオルタ湖というのがあります。だいたいにおいて湖というのは高級リゾート地であるから、このオルタ湖がある町、オメーニャという所はなかなか綺麗な町でした。(画像2)ここは家電製品や台所用品の生産で有名です。エスプレッソを入れるコーヒーマシンなんかの工場もありました。(メーカーの名前は忘れた。)

友人のFはシェラトンホテルのバールで働いているし、私もけっこう鼻が利くので美味しいものにありつけました。この辺りの料理はピエモンテ料理といいまして、パスタよりも米を食べます。山もあるし湖も近いという事で、魚もいのししも美味かったっす。私がプリモで注文した黒米にグリーンピースと牛肉のリゾットにフォンデュをかけた物は、この地の食文化がスイスからの影響を受けている事が感じられ興味深い。(画像3)・・・なんかグルメ評論家みたいだなあ。Img_1169 フィレンツェで下宿生活をしている時はほとんど自炊なので、たまに遠出した時に珍しい料理が出てくると嬉しいですね。

|

« オルゴール職人、コロンバーニ | トップページ | バカンスの話、つづく »

コメント

おいしそうなリゾットですね。私は黒米食べたことないんですよ。ましてフォンデュをかけるなんて、なんか異国の食べ物みたい。食べてみたいです。勝手にリンクを貼らせて頂きました。これからもよろしく!

投稿: utako | 2006年6月19日 (月) 22時33分

こんにちは、utakoさん。イタリアも南北に長いから土地によっていろんな料理があるからねえ。で、国境付近だと外国の料理の影響も受ける。行った事がないけど、トリエステあたりの料理も面白そうですね。

私もutakoさんのブログリンクしときました。こちらこそよろしく。

投稿: 俊寛 | 2006年6月19日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156886/10593628

この記事へのトラックバック一覧です: バカンス♪:

« オルゴール職人、コロンバーニ | トップページ | バカンスの話、つづく »