« 部屋の話。 | トップページ | ザンポーニャ »

2006年6月 6日 (火)

部屋の話その2

Img_0210 フィレンツェで借りていた部屋の話を続ける。

写真は窓から見える風景。サンタクローチェ教会の側面です。最上階にあるので、とにかく見晴らしはものすごく良かった。この点に関しては、今までフィレンツェで住んだ家のベスト1です。

2枚目の写真はベランダからの風景。ドゥオーモのクーポラとジオットの鐘楼が見える。天気のいい日は時々ベランダに出てボーっとしてました。まさしくレンガ色と言うべきフィレンツェの屋根の色も好きなので。

この家の大家さんはナポリ出身のD君。36歳。服関係の仕事をしている。ゲイでした・・・。この部屋を紹介してくれた友達は、私の身の危険を考えなかったんだろうか。いや、まあ別に何も無かったんですけどね。時々彼氏が遊びに来てたし。2人で上半身裸になってビール飲んでたのは、見ていて暑苦しかったが。(どうも目のやり場に困ると言うか・・・。)Img_0211

もう一つ、このD君は創価学会に入ってます。毎朝仕事に行く前に自作の仏壇の前でお経を唱える。午前8:00ぐらいに「南無妙法蓮華経・・・。」の声が聴こえるので目覚まし時計の代わりになった。ちなみにイタリアでは仏教徒の数は6万人。その内4万人が創価学会員だそうです。日本と違ってあまり問題になるような行動には走らないようです。彼自身、創価学会が日本で問題視されている事は知ってましたがね。

職人展の2日前に客の前で切る作品の下絵を仕上げなきゃならなかったので、居間の床に紙を広げて描いていました。その時D君が創価学会員の友達(この方はゲイじゃないと思う。)を連れて帰って来た。で、鉛筆で線を引っ張っている私のすぐ横で2人でお経を唱えだした。・・・なんか邪魔をしてるみたいで申し訳なかったので、道具をまとめて自分の部屋に帰ろう立ち上がった瞬間、お経を唱えていた彼の友達と目が合った。ニコッと笑って「バチッ!!」とウインクをしてくれましたな。どう切り返せばよいのかわからなかったので、しばし呆然としてしまいました。本当、どうして欲しかったんだろう。

まあ、こんな調子でなかなか面白い家でした。家賃も現在のフィレンツェの物価を考えると安かったので2年連続で借りたんですけどね。来年はどうしましょうかね・・・。

|

« 部屋の話。 | トップページ | ザンポーニャ »

コメント

うわー、ベランダからこんなふうに見えますか。ドゥオモの南か東でしょうか?

忘れかけていた風景を思い出します。

投稿: いんべようこ | 2006年6月 6日 (火) 06時21分

いんべようこさん、するどい!ドゥオーモの南東、つまり裏側から見た風景になります。今年はこっち側は修復中だったんですけどね。

投稿: 俊寛 | 2006年6月 6日 (火) 07時56分

そうそう♪こういうロケーションが憧れなんです~♪
いいなぁ~♪瓦の感じもとっても好きです♪
こんなところで暮らせるなんて・・・屋根裏部屋…はぅ~♪

あぶない関係を迫られなくて何よりでした(笑)
ちょっとウィンクが気になりますが…。
夜はしっかり鍵をかけておかなければ…。
三角関係のもつれで。。。(笑)

投稿: mau | 2006年6月 6日 (火) 08時52分

mauさん、1枚目の写真はこの家のトイレの窓からも見える風景です。朝トイレに入るとツバメが飛び交うのが見えて、なかなかいいものでした。ただ窓は便座の斜め後ろにあるので、首を曲げた状態で用を足す事になるから、終わる時には首が痛くなります。(そこまでして見なくてもいいんだけど・・・。)

まあ、ゲイっつっても見境無いわけじゃないだろうしねえ。その辺は節度があるんじゃないかと。

投稿: 俊寛 | 2006年6月 6日 (火) 10時20分

うちの業界もゲイだらけやなあ・・・
友達になると結構面白いで!
女の子と言い争いになると、お互いブスって言い合ってる。
繊細な感性を持った人が多いな。
まず俊はゲイ好みの顔じゃあ無いから安心しとき!(笑)

投稿: 拡之 | 2006年6月 6日 (火) 12時19分

拡之さん、うん、確かに繊細な感性を持った人ってのは多いね。
・・・ゲイ好みの顔ってのはどんなのでしょうか?

投稿: 俊寛 | 2006年6月 6日 (火) 12時35分

確かにベランダからの風景がいいすねー。僕が12月に泊まったサンロレンツオ寺院の近くにある地球の歩き方にのってた安い宿は、ドゥーモが見えますって宣伝してたけど、寺院の向こうにかろうじてみえるだけやったし・・・。
 今年も、フィレンツエにとまるかどうか悩んでます。一人だと夜が暇だしなーって、ついつい考えてしまいますね。

投稿: takeshi | 2006年6月 6日 (火) 23時09分

takeshiさん、私の場合、友達とご飯を食べに行くか、展示会の準備か取材した写真のチェックするか、とこういう日は別ですが、何にも予定の無い日って確かに退屈ですからね。
友達から借りた本を読んだり、ノートに日記付けたりしましたな。それも終わっちゃうと夜のフィレンツェを散歩でもするかって感じでした。

投稿: 俊寛 | 2006年6月 7日 (水) 08時01分

僕もこないだは、6月一人でおもしろくなかった体験を生かし、金細工にのMさんにおいしい地元のお店つれっていってもらいましたー。
 12月のフィレンツエの最高の思い出です。居酒屋だけど、店長が最高でしたよー。Mさんにもあわれたんですかー??また、フィレンツエに行ったら、お店のぞいてみようかとおもうんですがねー。

投稿: takeshi | 2006年6月 8日 (木) 00時05分

takeshiさん、Mさんねー、最近彼氏出来たからあまり相手してくれないかも・・・。居酒屋ってどこにいったんですか?

投稿: 俊寛 | 2006年6月 8日 (木) 01時10分

彼氏できたんやー。イタリア人ですかね!?今回は、フィレンツエに泊まる予定ないですが、とりあえずのぞきに行こうかと思ってます。
 シニョーリア広場から、川沿いの一本北側のとおりを国立図書館のほうに歩き、通り過ぎたかどうか忘れちゃいましたが・・・。
 そのとおりをしばらく歩いて、右に曲がった川の手前のお店です。
 店長も客と一緒にのんでるよーな楽しいお店でしたよー。観光するより、そんな店で飲むほうが楽しみですねー。
 Mさんも、なんか作品だされていたんですかー?

投稿: takeshi | 2006年6月 8日 (木) 23時23分

takeshiさん、のぞきに行ってあげてください。午後だったらいると思います。彼女は店には自分の作品を出してませんが、4月末のバッソ要塞の職人展では学生代表で自分の作品を出してました。(何人か他の学生と一緒にでしたが。)頑張ってましたな。

投稿: 俊寛 | 2006年6月 8日 (木) 23時39分

フィレンツェに行った時に、午後からでものぞいてみますー。
作品展は名古屋でだけするんですか?一度ほんものの作品みとみたいものです。

投稿: TAKESHI | 2006年6月 9日 (金) 08時35分

takeshiさん、今のところ予定が入っているのは10月の名古屋まで。そろそろ先の予定を入れていかないといけないんですけどね。

投稿: 俊寛 | 2006年6月 9日 (金) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部屋の話。 | トップページ | ザンポーニャ »