« フォルテピアノ職人、ドナテッラ | トップページ | モザイク職人、フランコ(前編) »

2006年6月15日 (木)

陶芸家、ロマーノ

Romano002 8人目の職人紹介は陶芸家のロマーノ・パンパローニさん。コルシーニの職人展に第5回目から参加されています。(今年は第12回目でした。)職人展ではデモンストレーションで、ろくろを回して茶碗や壷を作るのですが、見ているとあれよあれよという間に彼の手から作品が生み出されていくので、以前より切り絵にしたかった方です。陶芸関係の職人はまだ作った事がないというのもありますけどね。

ロマーノさんの工房はフィレンツェから北のあるボローニャへ向かう道Via Borogneseから入った道、Via di Montughiのグィッチャルディーニ家の別荘の中にあります。地理的にフィレンツェのパノラマが眺望できる場所にあり、また広い静かな庭園の中なので制作する環境としては理想的ですね。多くのお弟子さんを指導しつつ、制作されています。

Romano001私は午前中に取材させてもらったのですが、丁度お茶の時間だったのでコーヒーを入れてくれまして、庭で取れたサクランボも食べました。このサクランボ、別に食べるためだけではなく丁度絵付けをしていた壷に描き込んでました。ロマーノさんは普段ろくろ担当で、絵付けは奥さんの二コレッタさんがされています。(すごい細くて綺麗な女性でした・・・。ロマーノさんよりだいぶ若いよなあ。どうも陶芸家は若い奥さんを連れてる人が多い・・・気がする。)

ロマーノさんの工房を「マドンニーナ・デル・グラッパ」という名前なのですが、この工房は元々、第二次大戦後にドン・ジュリオ・ファシベーニという司教さんが孤児を教会に引き取り、陶芸を教えたことから始りました。ロマーノさんは若い頃この工房に入り後を継いだんだそうです。

|

« フォルテピアノ職人、ドナテッラ | トップページ | モザイク職人、フランコ(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156886/10530387

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸家、ロマーノ:

« フォルテピアノ職人、ドナテッラ | トップページ | モザイク職人、フランコ(前編) »