« 名画を切り絵でその3 | トップページ | 京都旅行 »

2006年3月10日 (金)

補足。

久々にホームページの作品集に一点追加しました。本当はもう少し頻繁に追加できると良いんですが、制作のペースがのろいのと全部見せちゃうと私の個展に来てもらう意味が無くなるので。公開している作品に関しても、実物を見て欲しいんですけどね。

と言う訳で、ブログを先に見てる方はこちらからどうぞ。

http://homepage2.nifty.com/shunkan/huyusanpo.html

さて、今回発表した作品について、ホームページでは書かなかった事を少々。(最初は本文に書いてあったのですが、あまり長過ぎると読む方も飽きるでしょうから削ったのです。)

場所はサンカッシァーノという田舎町。ちょっと長い話ですが、この町を初めて訪れたのはフィレンツェと京都市が姉妹都市提携30年記念にフィレンツェに日本庭園を作ったのですが、企画者の一人として当時私がアルバイトしていた日本料理屋の社長が関わっていまして、日本から庭を作りに来る造園家一行の通訳と世話係を時々やってました。この庭を作ったのが京都の高台寺の庭園管理をやっている北山安夫先生で、これが縁で私淑する事になり以後もお世話になっています。

で、この庭が出来た後、近くの田舎町に遊びに行こうという事になって、市のお役人さんの案内でチェルタルドという町と、このサンカッシァーノに行ったのです。私も一応通訳として同行したのですが、自分でもこの遠足を楽しんで来ました。

この町で始めてソプラッサータというハムを食べました。豚の頭をぐちゃぐちゃに潰して香草と混ぜ合わせて作るのですが、ゼラチン質がネットリして大変美味しいハムです。・・・作り方を聞いたら引く人もいますが。ちなみに、ためしに味噌汁に入れてみた事がありましたが、ゼラチンが熱で溶けて肉がばらけて、とん汁みたいになります。ちょっと香草が気になるけどね。

サンカッシァーノの前に行ったチェルタルドという町ですが、ここは群馬県の甘楽町という所と姉妹都市提携しているそうで(どうやら、玉ねぎの産地というつながりみたい。)記念に市庁舎の中庭に茶室が作られています。これを先生に見せるためにお役人さんは案内したんですけどね。

この二つの町はすごく気に入ったので、その後も一人で何度も遊びに行きました。

|

« 名画を切り絵でその3 | トップページ | 京都旅行 »

コメント

おお!カッコいいですね!
見惚れました~~
黒い人物が素敵に見えます。

投稿: チョコ・ア・チョコ | 2006年3月11日 (土) 00時49分

私もあんな形のマントを持ってまして、会社員時代に冬にあれを付けて自転車で通勤してました。若気のいたりとはこの事ですな。

投稿: 俊寛 | 2006年3月11日 (土) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156886/9024577

この記事へのトラックバック一覧です: 補足。:

« 名画を切り絵でその3 | トップページ | 京都旅行 »