« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

切り始めました。

IMG_0036 毎度毎度、変化の無いタイトルですな。しかし、私は一日中制作しているので、事実変化の無い毎日を送っているので、他に書きようが無いのだ。

ブログを始める前、靴職人でブログをやっている友人が「俺が俊寛だったら、書くことが有り過ぎて困っちゃうけどな。」と言っていたが、いざやってみると書くことが無さ過ぎて困っちゃっている。

朝から切り始めて、現在の様子。5分の1ぐらいかな。寝る前までにせめて4分の1ぐらいまでは切りたいですね。まあ、速ければいいというものでもないから焦らずに行こう。

ああ、そういえば、昨日変わったことがあったな。珍しい人からメールをもらった。フィレンツェに居た時の留学生仲間からだ。5年ほど前に彼が先に帰国して以来、音信不通だったのが、偶々私のホームページを見て連絡をくれたのだそうだ。こういう事があるとネットって便利だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

制作再開!

IMG_0035 下絵の段階までは年内に終わっていましたが、色のイメージがつかめなかったので、別の作品(家具修復職人とモザイク職人)を先に仕上げました。毎年5月に合同展の参加と取材も兼ねてフィレンツェに行くのですが、今年は4月から行くかもしれないのでまともに制作出来るのは3月一杯。であるから、今期制作する職人シリーズはこれが最後になります。なんとか2月中に仕上げて、3月はミニシリーズを15点仕上げる・・・。ちょっと難しいなあ。今月は会わなきゃならん人も多いし・・・。まあ、やれるだけやるしかないですね。当分缶詰だ。

今回はブロンズ職人。カルチナイ兄弟。兄貴のシモーネの方(左の太った人物)は私より1歳下。弟のピエルフランチェスコは28歳。・・・って、前作のレオナルド・スカルペッリが31歳だから、私が制作する職人の最年少記録更新だな。

ブロンズ職人というのは、ブリキや真鍮でランプやロウソク立てを作る職人さんです。彼らの工房では大型のランプをよく作っています。今回のサイズは1m×70cm。私が作れる最大の大きさです。最後に一番大変な物が残っちゃったわけですね。しかし、大きくて複雑な物ほど燃えるので、これからしばらくは高いテンションで制作出来そうです。

今日はとりあえず下絵のチェックのみ。描き足りない所を塗りなおしたり、いらん物を塗りつぶしたりしました。明日から気合入れて切り始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

名古屋で個展やります!!

やっと個展をやれる事になりました。まだちょっと先の話ですが、期間は10月に9日間(中1日休廊)行います。場所は名古屋・栄の画廊にて。詳細は決まり次第報告します。

前回は去年の3月、東京の銀座でしたが、以後ずっと個展の予定が無かったので、そろそろ焦り始めていたところです。

それまでに何点か新作を仕上げるので、全作品未発表の作品で個展が出来ますね。ただ既に前回の銀座での個展で発表した物の中にも、自分のお気に入りの作品はあるので、どれを展示するか迷いますね。

しかし、予定が決まると何となく気分が落ち着く物です。良い目標が出来たので、頑張らなきゃ。

leonardo 画像は先日完成したモザイク職人のスカルペッリ息子、レオナルド・スカルペッリさん。私が今まで制作した職人の中では一番の若手(かつ一番男前かも。いつもハゲ頭のおじさんばっかだし。)で、現在31歳。5歳の時に初めて作ったモザイクの作品は蝶をデザインしたものだったとか。休日はサッカーを見に行ったり、絵を描いたりして過ごす。・・・この方の場合、絵を描くのは仕事の一環のような気もしますね。モザイク職人って、彼のように仕事漬けになったような人が多いです。別の工房では、地下室に独りこもって制作するような人もいるし、こういう方々に較べれば自分もまだまだ修行が足りんなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

疲れた・・・。

IMG_0032 新作完成!

モザイカ・フィオレンティーナ職人のスカルペッリ父子。徹夜して仕上げたので、今朝完成して、朝ごはんを食べた後眠ってしまいました。昼には起きて部屋の掃除したり(紙くずだらけ!)次の作品の準備したりで、まだ寝足りないので今日は早めに寝ます。続きは明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

新作スタート。

IMG_0031 火曜日から新作を始めています。今回はモザイカ・フィオレンティーナの職人、スカルペッリ父子。サイズは70×50cm。

左の写真は主役のスカルペッリ父がすでに貼ってありますが、この作品は10月末に下絵の後、切って黒く塗りつぶす所までは済ませてありました。しかし、色のイメージが決まらなかった為にしばらく放置してありまして、先に家具修復職人の方をしあげてしまったという訳です。結局全体を黄色いトーンでまとめることになりましたが、黄色やオレンジ、赤を基調にした配色って、しょっちゅうやってるんですよね。つまり得意な色使いなんですけど、言い方を変えるとワンパターンと言う事で・・・。自分でも毎回同じような色ばかり使いたくないので、前の作品はちょっと変えてみたんですけどね。(あまり変わりばえしなかったかな?)今回は悩んだ末、結局いつもの色になってしましました。まあ、回数を重ねるごとに技術は上がっていくので、同じ色調でもより深みを出す事を目標にしていきましょう。

それにしても・・・黄色の絵の具ばかりすぐ無くなるなあ。他にも赤と白、黒が消費量が激しい。逆に使わないのが青系の色ですね。青い絵の具は10年前に買ったのがまだ箱の中にあります。

あと、写真右上の黄色い部分は、線が細くてちぎれそうだったので裏から余った画用紙をマスキングテープで止めて保護してある。

モザイカ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風モザイク)に関しては、私のホームページの資料集を参照してください。

http://homepage2.nifty.com/shunkan/archivio%202001.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

新作完成。

IMG_0029今までこのブログと平行して、mixiという会員制のブログもやっていましたが、二重に日記を書くのが苦しくなってきたので、今後しばらく日記を統一する事にしました。mixiからもこちらにアクセス出来るはず。

さて、 ようやく作品が完成しました。壁の部分を仕上げるのに一日、床の部分に一日かかっちゃった。やれやれ、長かった。

70×70cm。家具修復職人のマリオ・チウッリさん(手前)とロベルト・オルソリさん。タイトルは・・・その内考えよう。

今回はブロンジーノの絵画っぽいイメージの色でまとめてみましたがいかがな物でしょうか?雰囲気は出ていると思いますが、ちょっと地味な作品かな。

このブログで公開している写真は私のデジカメで撮ったものですが、ホームページには私の撮った写真などとても出せないので、現在公開している物に関しては知り合いの写真館に持っていって撮影してもらった物です。ある程度、作品がたまってから撮影してもらうので、今回の作品がホームページに登場するのはもうちょっとかかります。また、ページを作ってみて画面上で見栄えが良くなければ出さないかもしれません。やはり、ホームページ向きのデザインってありますからね。あまり複雑すぎるものだと、パソコンの画面だと小さすぎて何が描いてあるのかよくわからなくなるので。

まあ、一番良いのは実物を見てもらう事なんですが、(立体感と迫力が断然違うのです!!)今のところ日本での展示会の予定が全然無いんですよね。「いい加減に第2回目の個展やりなさい!」と怒る方もいるので、そろそろ本気で画廊を探しに外に出ます。

しかし、次から何を日記に書こうかな。基本的に同じ事の繰り返しなので、書く方も読む方も飽きるかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

あと、もう一息?

IMG_0026 缶詰になって制作しております。

いつも通り、上の写真が表から、下が裏から撮影したものです。写真の下の方に私の足の指が写ってますがお気になさらずに。

今日、やっと壁と床を除いた部分が終わりました。後はまず壁を貼って、最後に床を貼れば完成です。

この二つの部分は画面の大部分を占めています。つまり、この部分の色次第で作品の全体のトーンが決まるので、かなり神経を使って作業する事になります。最後の難関ですね。床のパーツも細かいからパーツ数多いし。

色のイメージはだいたい決まっているので、あとは今まで作ってきた部分と違和感が出ないように確認しながらやって行きます。

IMG_0027 下の写真で黄色いテープのような物が見えますが(ちょっとわかりにくいかな?)これはパーツ貼りをしていくとその部分が重くなって、細い線で支えている部分が作業していくうちに千切れる事が多いので、ある程度貼って面積が大きくなった部分を画用紙でつないでいく。こうすると補強になるから、細い線も千切れない。たまたま手元に以前使った黄色い画用紙があったので細く切って使用した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

パソコン学院

7月より半年間、駅前のパソコン学院のアビバに通ってホームページの作り方を勉強していましたが、昨日全ての講座が終了しました。普段家に閉じこもって切り絵の制作をしているので、週2回アビバに行くのはよい気分転換になったので、これでスタッフのみんなと会う事も無いと思うと寂しいですね。丁寧に教えてもらったし、みんな感じ良くて可愛かったし。(男のスタッフもいたけど、彼らのことは置いといて・・・。)おかげで自分でも思っていた以上のホームページが出来た。授業料の元は取ったって感じですな。

この半年間、久しぶりに勉強しましたな。考えてみれば前に何か勉強したのは、10年前(そんな前か・・・。)にイタリア語の学校に通った時です。理解しだすと勉強というのは面白くなるものです。一つものを覚えると、新しい世界が広がるような気がして。・・・中学・高校時代にこういう感覚を知っていれば良かったのになあ。もはや遅すぎるが。

画像処理を習った直後なんかは、切り絵を制作していて「ああ、この部分を『コピー』して『貼り付け』て『中央揃え』出来たらどんなに時間が短縮出来るだろう!」なんて事を考えて、「自分のやっているローテクな技術はその内パソコンで誰にでも簡単に出来るようになるんじゃないだろうか。」と思い、一瞬へこみました。しかし、自分の手を動かす事によって体が記憶し、パソコンでは絶対出来ない事をやれるようになるローテクも重要で、パソコンも少しかじった今は、ハイテクとローテク両方の物の見方を押さえて制作していけば、より新しい物が生み出せると思っております。パソコンっていろんな可能性を秘めてるんだよなあ。また何か興味がわいた時に勉強を再開しよう。

image1c最後の講座で習ったのは、ロールオーバーという方法。画像の上にマウスポインタを置くと、別の画像に切り替わるというやつです。早速習いたての技術を使って、私のホームページの作品集の画像をいじってみた。セピア色の写真がカラーの写真に切り替わるようにしてあります。私のホームページはこれまで全く動かなかったので、けっこう効果的だ。中には切り替わってもわからない画像もあるが。上の写真がマウスポインタを載せる前、普通に画面上に表示されるやつで、下が切り替わった画像。印鑑の部分が変わるだけなのでこの部分はやるだけ無駄だったかもしれんな。

image1一応、作品集の全ての小さい画像はロールオーバーにしておいたが、新しい画像を追加したわけではないので、更新履歴には書かないでおく。アビバの先生は私の最後の受講の跡に気が付いただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

謹賀新年

IMG_0022 皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申上げます。

12月30日に雑事を全て片付けてからは、制作に集中しています。流石に元旦は比較的のんびりと過ごしましたけどね。貧しい青春だと思うが、まあ仕方ないですね。考えてみたら年中日曜日みたいなもんだし・・・。

ここ3日間は、きりのいい所まで終えてから床に入るので、毎日午前4時ごろに寝ます。まじめに制作したおかげでだいぶ進みました。 いい気分です。今全体の半分ぐらい貼りましたかね。写真は今日貼り終わった所までの状況と、引っくり返した裏側です。順調に今のペースを保持していれば来週末ぐらいに完成出来そうです。

休む間も無く、次はフィレンツェ式モザイク職人と、ブロンズ職人の切り絵が控えております。どうやら今年の5月もフィレンツェに行くことになりそうなので、4月中に上記2点と、ミニシリーズを仕上げなきゃ・・・。けっこう厳しいなあ。

IMG_0024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »