2020年11月23日 (月)

今日は個展はお休みです!

 

Serie-di-encicropedia2-104

名古屋の個展は今日はお休み。画廊の定休日でございます。
毎回「定休日に来ちゃった。」とか「会期の一日前に来ちゃった。」とか「最終日の片づけが終わってから来ちゃいました。」とか「名古屋と東京を間違えました。」ってお客様が一人や二人は居るんだよなあ。
ちゃんとDM見てちょーよ。

切り絵師・俊寛展
2020年11月27日(金)まで
AM11時~PM6時(最終日はPM4時閉廊)
ギャラリー彩
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3丁目25ー12 AYA栄ビル1F
Tel 052‐971‐4997

画像は帰宅してから作ってる図鑑シリーズの一つ、モモイロペリカン。
今日はお休みなので他の図鑑シリーズもノンビリ作ってます。

切り絵師・俊寛展、後半戦もどうぞよろしく。

| | コメント (2)

2020年11月18日 (水)

今日から名古屋の個展です。

Image1_20201118045401

2年ぶりの名古屋の個展が今日から始まります。

 

Img20201118_04444578

画像はたった今完成した新作。15×20㎝でシエナのドゥオーモです。これ、5年ぐらい前からずーっと下絵のままだったのをようやく完成させました。何とか間に合いました。

ギャラリー彩
愛知県名古屋市中区錦3丁目25‐12 AYA栄ビル

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

名古屋の個展のお知らせです。

104-lituana-di-sabatini_20201111193001

2年ぶりの名古屋の個展です。

いつものイタリアの職人シリーズや風景画、抽象画に加えて、新シリーズのペーパーモデルシリーズなど、日々の精進の成果を是非ご高覧下さい。

2020年11月18日(水)~11月27日(金) 11月23日(月)は休廊です。
AM11時~PM6:00 最終日はPM4時で閉廊

ギャラリー彩(1F)
名古屋市中区錦3丁目25‐12
AYA栄ビル
TEL 052‐971-4997
FAX 052-971-2979 

さあて、ラストスパート頑張りますか!!

| | コメント (2)

2020年10月19日 (月)

鹿児島個展終了しました。

Img_20201018_173837

昨日、6回目の鹿児島個展が終了しました。

105-giuseppe-fanara-mirko-fanara

画像は個展の準備の日の朝に完成させた新作。フィレンツェの職人シリーズ105番目、革細工職人のファナーラ父子。

個展ギリギリまで制作してるのはいつもの事ですけど、今回は特に疲れた。まあ、今年はコロナのせいもあって、全世界が大変な訳ですけど、私もこの2年は特に色んな事があったなあって・・・。普通に制作活動が出来て、個展も開けるって本当に幸せな事だと思いますよ。

Img_20201014_110612

今回は東京の着物ブランドnodo88さんの着物の帯を展示販売しました。
私の作品がシルクに印刷されています。ホームレスのおっさんが毛布にくるまって眠ってる"Il sogno”って作品は一押しで色調を反転した帯(左側で立てて展示してある帯)が作られました。他にダビデ像やナポリの下町の風景も帯になってます。

Img_20201018_114644

そして、それに合わせて作られたマスクも展示販売。帯になった切り絵のマスクの他に、イタリアのお菓子の抽象画を左右にあしらったマスクもありました。

Img_20201014_110322

私も一つ貰ったので会期中に着けて接客してました。イタリア菓子の抽象画のマスクで右がカンノーリ、左がティラミスの抽象画ですね。自分で言うのも何ですけど格好良いマスク!!

「ちょっと太って見える。」って声が多かったですね。鹿児島に来てからロクに運動してないんだよなあ。そろそろダイエットしなきゃね。

作品を見ていただいた方々、作品・グッズを購入していただいた方々、ご注文していただいた方々、遠くから応援・宣伝をしてくれた方々、差し入れしてくれた方々、レトロフトのオーナーの永井夫妻と関係者の方々、どうもありがとうございました。また来年お会いしましょう!!

次は11月末に名古屋で個展です。

| | コメント (1)

2020年10月 6日 (火)

鹿児島個展のお知らせ

Dm_20201006224101

上の画像は今回のDM。6月に参加したフィレンツェ賞展で佳作を取った作品です。
まだ私の手元には無いので(10月末に東京で展示がある。)DMに使うのもどうかと思いますが、代わりにクリアファイルを50部作ったので会場で販売いたします。

このクリアファイルはA4サイズですけど、最近ある方に「もっと小さいサイズのクリアファイル作ってよ。チケットとか挟んでポーチに入れるのよ。A4じゃ大き過ぎるのよ!!」と言われました。

いや、私は普段そういうのは使わないので。度々、小さいサイズのクリアファイル見かけて「あんなの何の役に立つんだろう・・・。」と思ってたんですよね。成程。あれはそう使うのか。井戸端会議も勉強になるなあ。

という訳で、今回も頑張ってます!!
近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

10月13日(火)~18日(日)

AM11:00~PM7:00(最終日はPM5:00閉廊)

レトロフトmuseo
鹿児島市名山町2‐1 レトロフト千歳ビル2F

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

東京個展、終了です。

Img_20200727_143109_20200802124901

実に特殊な状況下での個展でしたが、昨日で最終日。東京都内から外れたとこにお住まいの方は、なかなか出て来られるのが難しかったと思います。いつもと比べて格段に少ないお客様数でしたが、その分だけ一人一人とたくさん話が出来て良かったです。貴重な経験でした。やって良かったと思います。

そうそう。昨日、お客様に言われて思い出したのですが、DMに使ったヴェネツィアのサルーテ聖堂の切り絵、元々はペストの終息を聖母マリアに感謝する為に造られたんですよね。(サルーテって健康の意味です。)・・・それって、今のこの状況での個展のDMに相応しいじゃないですか。ああ・・・宣伝段階からアピールしとくんだった。サルーテ聖堂の由来は知ってましたが、コロナと結びつきませんでした。

という訳で個展の様子です。

Img_20200727_143116_20200802130101

いつも来られるお客様からお花を贈っていただきました。

Img_20200727_143128_20200802130301

本人も大喜びのリトアナの切り絵。

Img_20200801_1104452

バンドネオンとピアノコンサートの抽象画。

Img_20200801_1105042

注文で制作した、建築家の前田晴士さんとご家族が自分たちの家を作っている風景。

Img_20200727_143035_20200802130401

今回も評判良かったボッティチェリのプリマヴェーラのマーブルペーパーコラボ作品。

Img_20200727_143247_20200802131101

イタリアのお菓子と、それを元にした抽象画のシリーズ。

Img_20200727_143255_20200802131201

新シリーズ、ペーパーモデル。A5くらいの大きさだけど、事前にネットで見た人は、もっと大きいのを想像してたみたい。

Img_20200727_143300_20200802131501

左手前から、漆職人の武藤久由さん、退院の風景、ロミオとジュリエット、一番奥にパレルモのメルカート。

こんな感じでございました。

さあ、鹿児島に帰って2週間引きこもりますか。(いつもと大して変らんなあ。)次回作に向けて頑張って行こう。


| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

東京個展初日

Photo_20200724221801

という訳で3年ぶりの東京個展です。この状況下でどこまで動きがあるのか、頑張ってみます。

Img_20200727_143109

DMに使ったヴェネツィアのサルーテ聖堂。

Img_20200727_143116

いつも来てくれるお客様からお花を送っていただきました。

Img_20200727_143255

初公開のペーパーモデルシリーズ。実物見なきゃ良さは分からない?

Img_20200727_143300

漆職人の武藤さん、退院の風景、ロミオとジュリエット、一番奥にシチリアのメルカートの風景。

Img_20200727_143247

イタリアのお菓子と、それを元にした抽象画のシリーズ。

Img_20200727_143128

ウインドウにはきれいなリトアナ。

Img_20200727_143157

看板横には、トスカーナの葡萄畑の抽象画と、建築家の前田さん一家。

と、こんな感じです。

気が向いたらどうぞよろしく!

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

リトアナのリベンジ

月曜日から始まる東京の個展に出す作品です。

フィレンツェモザイク職人のリトアナ・ディ・サバティーニさん。サイズは20×20cm。先日の公募展に出した作品のモデルになった「マエストロ」こと故ロベルト・マルッチさんの愛弟子。鹿児島天文館のイタリアンの名店「イル・チプレッソ」のマダム、古畑好恵さんの後輩でもあります。

104-lituana-di-sabatini

実は4年前にも彼女の切り絵は作ってるんです。輪郭線の無い技法で作ったのですが、ハッと気が付いたら物凄く怖い顔になってしまってて・・・。

100-lituana-sabatini

「えー・・・これ、まずいかなあ。やっぱり・・・。」てな感じで恐る恐るフェイスブックにアップしたら、本人は激怒して関係者は笑い転げた。そりゃそうなるわな。いや、全く悪気は無かったんだけどね。

という訳で、今回はお詫びも兼ねて「きれいなリトアナ」で仕上げました。どちらのリトアナも真実でございます。

Photo_20200724221801

来週の月曜日から個展です。コロナの感染者が増え続けている状況なので、是非来て下さいとは言えませんがどうぞよろしく。

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

新シリーズ開始!!

一年ほど前からプラモデルみたいな切り絵を作りたいなあってのがありまして、丁度良い額縁を見つけたので作ってみました。
名付けて「ペーパーモデルシリーズ」!!
サイズは13×18㎝です。

Img_20200718_091814_20200723092401

第1号、ピノッキオ。奥行きのある箱型の額縁にアクリル板を2枚入れてます。

Img208

最初にプラモデルの組み立ててない状態を作ります。そしてパーツの半分を組み立てた状態にして額装します。
2枚のアクリル板の上に組み立てたピノッキオを貼り付けて、ちょっと浮かせた状態にして下のアクリル板に半分パーツが外れた状態のを貼り付けます。下のアクリル板もちょっと浮かせて、一番下に着色した画用紙を敷く。

Img_20200718_091913

第2号、レオナルド・ダ・ヴィンチのヴィトゥルヴィウス的人体図。
手や足は裏表2枚もパーツを貼り合わせて組み立てる・・・ように見せかけてあります。色の濃いのは裏側のパーツに見立ててあります。つまりそれっぽく見せる為のダミーですね。

Img_20200718_091836_20200723093401

第3号、プルチネッラ。ナポリを代表する仮面喜劇の主人公。ダブダブの白い服と黒い仮面。ピッツァやパスタを食べたり、ワインを飲んだり、マンドリンを弾いたり、いたずらをしたりします。敷いてある青色はナポリのイメージカラー。

Img_20200718_091854

第4号、プーポ。シチリア島の操り人形です。このシリーズを始める時に、ピノッキオ、人体図、プルチネッラまではすんなり決まったんだけど、個展で発表するのならもう1点欲しいなあと悩んでました。2月にシチリアを旅行した時にあちこちで見かけまして「こりゃ良いや!」って事で採用。

今回は4種類作りました。すべてイタリアネタですけど、いろんなモチーフで作る事が出来そう。なによりも見てて(私が)楽しいので、今後も続けて行こうと思います。

Photo_20200723095501

27日から始まる東京での個展にも出しますね。

 

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

東京個展のお知らせ

Ugdm  

3年ぶりの東京での個展のお知らせです。
新作を用意してお待ちしてます。

切り絵師・俊寛展
2020年7月27日(月)~8月1日(土)
11:00~18:00(最終日17:00)
会期・時間については変更になる可能性がございます。

GalleryUG 
〒101‐0031
東京都千代田区東神田1‐14‐11 山田ビル1F
tel 03-5823-7655

最寄り駅
JR横須賀線・総武快速線「馬喰町」、都営新宿線「馬喰横山」、都営浅草線「東日本橋」 いずれの駅も地下連絡通路でつながっています。
「馬喰町」の出口④よりお越し下さい。
出口より馬喰町一丁目交差点を右折、徒歩1分
日比谷線「小伝馬町」出口2より江戸通りを馬喰町方面に徒歩8分
中央・総武線(各駅停車)「浅草橋」より江戸通りをを馬喰町方面に徒歩7分
※エトワール海渡”ホームデコ館”を目指して来られると分かりやすいです。

まだまだコロナは終息してないので、「是非来て下さい!!」とは言えないのがなあ・・・。
皆様もご注意してお過ごし下さいませ。

| | コメント (0)

«私の挑戦