2017年12月11日 (月)

切り絵漫画「ピノッキオの冒険」

昨年の切り絵漫画「西遊記」に続く第2弾。西遊記缶スプレーで着色したグラデーションの無い紙で作りましたが、今回はエアブラシで着色。こっちの方が私の作品らしいかな。
サイズは全て15×15cmです。

Pinocchio001_2

ピノッキオ誕生の場面。

Pinocchio002

脚が出来た時点でゼペット爺さんを蹴飛ばし逃げ出すピノッキオ。
まだ耳の部分を作ってなかったので、ゼペット爺さんが止めてもピノッキオには聞こえない。

Pinocchio003

人形芝居の小屋に遊びに行ったピノッキオでしたが、火喰い親方に捕まって、危うく焚き木にされそうになる。しかし、この人は実は良い人で、ピノッキオが身の上話をしたら同情して、小遣いまでくれて放してくれたそうな。・・・外見で損してる人だな。

Pinocchio004

悪いキツネとネコに騙されて晩御飯を集られる場面。

Pinocchio005

トルコ石の色の髪の毛の仙女様に助けられたピノッキオ。薬を飲むのを嫌がったら、部屋の扉が開いて棺桶を担いだ真っ黒なウサギ達が入って来た。
「お薬を飲まないと死んじゃいますよ。」慌てて飲み干すピノッキオであった。

Pinocchio006

未だに2人組に騙されてる事に気が付かないピノッキオ。金貨を埋めると1000倍に増えるという野原に連れて行かれました。

Pinocchio007

葡萄畑に入り込んだら罠にはまってしまいました。畑の主人に怒られて、しばらく番犬の代わりをする事になったピノッキオ。

Pinocchio008


真面目に学校に行ってましたが、友達と喧嘩になり怪我人まで出してしまいました。警察に連行されるピノッキオ。

Pinocchio009

「ロウソクの芯」と言うあだ名の友達から子供の国に行こうと誘われるピノッキオ。

Pinocchio010

子供の国で遊んでる内にロバの耳が生えて来ました。

Pinocchio011

サーカスに売られるピノッキオ。

Pinocchio012

海に浸かってる内にロバの皮が剥がれて元に戻りましたが、海の怪物に飲まれてしまいました。

Pinocchio013

胃袋の中でゼペット爺さんと再会。

Pinocchio014

海の怪物から脱出しました。一緒に出て来たマグロさんに岸まで運んでもらいました。

Pinocchio015

ゼペット爺さんを助けて真面目に働いてたら、ある朝、目が覚めたら人間の子供になっていました。めでたし、めでたし。

前回のイタリア滞在でピノッキオの原本を買って来まして、日本語版と照らし合わせながら一通り読んでみました。(流石に原本だけで全部読むのは時間無かったので。)読んで行く内に疑問が出て来たり誤訳を見つけたりで、制作するよりも調べ物をしてる時間の方が多かったりして。

一つ疑問に思った事があります。
ピノッキオが悪い2人組と食事する場面ですが、店の名前を「ガンベロ・ロッソ」と言います。赤い海老という意味ですね。
ガンベロ・ロッソというと、イタリアで一番権威のあるレストランガイドの名前なのですけど、ピノッキオの話から取ったんでしょうかね?
調べても出て来なかったので、知ってらっしゃる方が居ましたら教えて下さいませ。

ピノッキオの翻訳本、かなり面白いですよ。今回は15点、名場面を選びましたが、まだまだ絵になる場面や面白い話はたくさんあります。(重要な登場人物である、お話しするコオロギが作れなかった・・・。)
訳注も多いので、当時のイタリア文化の勉強にもなります。(140年前に書かれてます。)興味がありましたら本屋さんで探してみて下さい。

http://www.kotensinyaku.jp/books/book242.html

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

イタリア料理シリーズ

個展に出した作品を公開して行きます。

まずはイタリア料理シリーズから。サイズは全て15×15cm。昨年開発した技法、「切り絵ヌード」で作ってあります。輪郭線の無い切り絵ですね。

001_a_5

ピッツァ・マルゲリータ
モッツァレッラチースとトマト、バジリコで作る一番シンプルかつ一番美味しいピッツァ。

002_a

ビステッカ・フィオレンティーナ
フィレンツェ風Tボーンステーキ。付け合せはトスカーナ名物の白インゲンです。

003_a

赤ワインとサラミ盛り合わせ。
エノテカにて。赤ワインに合うつまみを頼んだら出された一品です。

004_a

ホウボウのアクア・パッツァ
魚介類とトマトを塩水で煮る料理。ナポリ名物です。

005_a

ペポーゾとウサギのロースト
ペポーゾ(手前)は牛肉を黒胡椒で煮込んだシチュー。ウサギは香草を詰めてポルケッタ風に。付け合せはジャガイモのロースト。

006_a

ラザニア
ナポリ名物。板状のパスタをベシャメルソース、ミートソース、チーズと重ねてオーブンで焼く。ランチの定番ですね。

007_a

リボッリータ
くず野菜と固くなったパンで作るスープ。ケチなフィレンツェ人の性格が良く出た料理です。
寒い時には暖まります。

008_a

スパゲッティ・ナポリタン
「こんなのイタリア料理じゃな~い!!」とイタリア人が激怒する料理です。
私は好きですよ。

ちなみに、鉄板に卵を敷くのは名古屋式なんだそうです。何ですと!?
・・・子供の時から喫茶店で出るのはこんなのだから、これが普通だと思ってました。

以上です。
来年も料理シリーズをやるかどうか考え中です。名古屋メシシリーズなんてどうかなあと思ってたら、東京の個展のお客さんに「全部茶色いじゃん。」と言われて、そういやそうだなと思った。どうしましょうかねえ。

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

東京の個展、終了しました。

Img_2371

東京・馬喰町のギャラリーUGさんでの個展、終了しました。
見に来ていただいた方、作品・グッズを購入していただいた方、差し入れをしてくれた方、宣伝してくれた方、遠くから応援してくれた方、ギャラリーUGのスタッフの皆様方、どうもありがとうございました。

2年ぶりという事もあったのか、初日からけっこうな人数のお客様に来ていただきました。5日目なんか、全くお客さんが途切れなかったので、午後6時に終了してからお昼ご飯を食べてました。夕方にお昼を食べる事はちょくちょくありますけどね。食べれなかったのは珍しい。
だいたいのお客様は滞在時間も長かったし、楽しんでもらえたかと思ってます。

Radicofani_001a

画像は今回の個展の最新作。初日に額装しました。ラディコファニという町で見たミッレミリアです。
ミッレミリアというのはイタリア語で千マイルの意味。北イタリアのブレーシアからローマまで往復千マイルを走るクラッシックカーレースです。
毎年コースは変わるのですが、ラディコファニは風光明媚な為に必ず通過するそうです。
かなり交通の不便な所にある町です。キウージという鉄道駅からタクシーで1時間。公共交通機関を使うしかない私としては、けっこうハードな取材でしたね。(タクシー代、バカにならないんだよねえ。)
そんなこんなで思い入れのあるミッレミリア。名古屋の個展中に始めて、何とか東京に間に合わせた作品です。
今回の個展の最終日にお買い上げいただきました。

さて、今年の活動はこれで終了。
先週の名古屋と、今回の個展でいくつか注文をいただきましたので、明日から取り掛かるかな。

| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

東京の個展、スタートです!!

Dmug_3


今年最後の個展です。
東京での個展は2年ぶりですね。いつものイタリアの職人シリーズや風景のシリーズに加えて、新技法による作品や新しいテーマに取り組んだ作品など、30点を展示します。

近くまでお越しの際には、是非お立ち寄り下さい。


| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

名古屋の個展、終了しました。

Img_2353

名古屋・ギャラリー彩さんでの個展、終了いたしました。

見に来ていただいた方、作品・グッズを購入していただいた方、差し入れをしてくれた方、宣伝してくれた方、遠くから応援してくれた方、ギャラリー彩のスタッフの皆様方、どうもありがとうございました。

職人シリーズに仕掛けを施した風景画、切り絵漫画とイタリア料理、抽象画と名画の模写・・・と言った感じで、色んなジャンルと技法の作品で挑みましたので、お客さんにも楽しんでいただけたと思っています。

さて、お次は2年に1度の東京での個展です。今日はもう早く寝ますが、明日は梱包、明後日は発送とタイトなスケジュールですが、頑張ります。作品送った後も1点でも多く作品を持って行けるように、頑張らなきゃね。

Basilica_di_santa_maria_della_sal_2

東京ではこちらの作品も出ます。ヴェネツィアのサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂。50×100cmです。
実は今回の個展で常連のお客さんがお買い上げいただきましたので、(会場に置いてあったポストカードを見て購入を決められました。)皆様方にお見せするのは東京の個展が最後になります。
まあ、名古屋、鹿児島、札幌、高松と、一通り発表したので実に良いタイミングかなと。(関西の人からは文句言われそうですけど・・・。)

と言う訳で、関東圏にお住いの方々、どうぞよろしく。

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

名古屋の個展、月曜日はお休みですよ!!

名古屋・ギャラリー彩さんでの個展、前半終了です。

明日、20日(月)は休廊です!!来てもらっても誰も居ませんのでご注意下さい。

では、今回の個展に来れない方の為に、ちらっと展示作品を公開します。(既にこのブログで公開したのもありますけど。)

23621384_1738346892892228_2992382_3

まずはエレベーターを出たら目にする最初の作品。ポルト・ヴェーネレ、50×100cmです。
この作品は新技法を使ってます。波の色が見る位置によって変化します。
立てば夕方、しゃがむと昼の色に変化します。
先日の鹿児島の個展でも、けっこう厳つい男の人でも無邪気な顔して立ったりしゃがんだりしてました。微笑ましいですねえ。
パソコンのモニターや印刷物からは色の変化は分からないので、是非直接見に来て欲しい作品です。
なお、この作品は売約が付いてまして、東京の個展が終ったらお客さんの所に行くので、直接見るのは今回と東京の個展が最後になります。

Pinocchio006

続いて、切り絵漫画第2弾、「ピノッキオの冒険」です。
15点ピノッキオの名場面を作って、一つの額に収めました。
画像はピノッキオが悪いキツネとネコに騙されて金貨を埋める場面です。そこに金貨を埋めて一晩経つと千倍になるんだって・・・。
昨年開発した技法「切り絵ヌード」による作品です。輪郭線の無い切り絵ですね。

23718393_1738149002912017_111238413

画像は今日見に来てくれた友人が撮ってくれました。
今回、一番人気の高い作品です。ヴィンチ村のオリーブ畑とヒナゲシの風景です。「Via della luce ~光の道~」と言うタイトルです。サイズは100×100cm。
16年前から作りたかったネタ。3度挑戦しましたが、私の技術不足で3度挫折しました。この度、持ってる技術の全てをつぎ込んで遂に完成です。

Img_00262

今回、3点だけ昔の作品を展示してますが、その内の1点です。藤の花ですね。サイズは70×50cm。制作は2001年。まだイタリアに住んでいた頃の作品です。当時、「日本文化って何だろう?」って事を真面目に考えてました。この作品は書道をイメージしてデザインしてあります。
今回完成した「光の道」のルーツとなる作品群ですね。

Mannina

今年も抽象画を作りました。昨年はルネサンスの名画を元にしましたが、何も他人の作品に頼らなくても自分の作品を使えば良いという事に気が付いたので、職人シリーズを元に制作しました。
上の画像、左が元になった作品。靴職人のカロジェロ・マンニーナさんです。
右が今回制作しました。「やさしい靴職人」。サイズは40×40cmです。
直線と円で構成して、色はオリジナル色をそのまま持って来る感じです。デフォルメしまくってるけど、しっかりマンニーナさんの顔になってますね。
※展示してるのは抽象画の方のみです。オリジナルの方は前に売れてますので。

099_stefano_chiti

そして、私の作品の定番。職人シリーズです。
星形ランプ職人のステファノ・キティさん。60×60cm。
三角形のガラスをブリキで枠を作ってハンダ付けして星の形に組んでランプを作る職人さん。
真摯で誠実な仕事の素晴らしさを伝えたいシリーズです。

004_a

昨年の「魚料理シリーズ」に続く第二弾。「イタリア料理シリーズ」です。
サイズは15×15cm。8点制作したうちの一つ。ホウボウのアクアパッツァです。魚介類を塩水とトマトで煮るナポリ料理です。
今年のイタリア滞在で食べて来た一品です。見ていて、お腹がすいて来るシリーズです。

と、こんな感じです。展示会のタイトル「カオスなイタリアⅡ」の通り、様々なジャンルの作品に取り組みましたので、お客さんにも楽しんでもらってます。

明日は画廊が休廊です!大事な事なので2回言いました。くれぐれもお間違えなきよう。毎回、何人かは日程を間違える人が居るんだよな。
明後日から、またよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

名古屋の個展、スタートです!

Dmaya

と言う訳で、今日から名古屋、ギャラリー彩さんの個展が始まります。
今年は中一日休みの9日間なんだよな。日数が増えた分、たくさんお客さんが来ますように。

イタリアの職人シリーズ 4点
イタリア、リグーリア州の風景シリーズ 9点
イタリア料理シリーズ 8点
植物を中心に描いた風景画 4点
切り絵漫画「ピノッキオの冒険」 1点
名画の模写 1点
抽象画 1点

合計 28点 となっております。
他、10cm四方の小品は25点程あります。

よりカオスな方向に進化した切り絵師・俊寛の世界を是非ご高覧下さい。

どうぞよろしくお願いします!!

| | コメント (2)

2017年10月30日 (月)

名古屋と東京の個展のお知らせ

来月は個展が2つあります。

Dmaya

名古屋は11月15日(水)からです。20日(月)は画廊がお休みなのでご注意下さい。

会場へのアクセスは地下鉄栄駅からです。6番出口を出るとトップカメラがあって、その横の建物です。

Dmug

そして、名古屋の個展の6日後に(スケジュールきついなあ。)東京の個展です。東京の個展は2年ぶりでございます。

最寄駅は、JR横須賀線・総武線快速「馬喰町」か都営新宿線「馬喰横山」、都営浅草線「東日本橋」です。いずれの駅も地下通路でつながってます。

「馬喰町」の出口④より、馬喰町一丁目交差点を右折、徒歩1分です。エトワール海渡“ホームデコ館”を目指して来られると分かりやすいです。

イタリアの職人シリーズと風景を中心に名画の模写や料理、抽象画なども展示します。

DMをご希望の方はこちらからメールにて、ご住所とお名前を教えて下さいませ。まだ交流の無い方でも大歓迎ですので、興味のある方はメールをお願いします。

名古屋&東京近郊にお住いの方々、どうぞよろしくお願いします。

さあ、ラストスパート。頑張ります!!

| | コメント (2)

2017年10月29日 (日)

新作完成

22815642_1660868090630755_638674968

ヴィンチ村の風景切り絵、100×100cm、完成です。もうちょっとしたら個展が始まるので、全体像は個展が終ってから公開しますね。

16年前、フィレンツェに住んでた頃に見た風景です。何度も制作して、その度に挫折。(自然の物を切り絵にするの、苦手なんです。)いつか自分のイメージ通りの作品にしようと、ずっと暖めていたネタです。

この16年の間に開発した技法が今回の作品に合うかどうか、確認しながらの作業で悪戦苦闘の毎日でしたが、充実した制作でした。何とかイメージ通りに仕上がって良かった!

さて、最近の技術の進歩は凄まじいですね。印刷技術の向上と3Dプリンターの開発。この為に現在は絵心の無い人でも気軽に創作が楽しめるようになっています。画像ソフトなんかも凄いのが出て来てるので、写真を切り絵風に加工するアプリもその内出来そうな気がします。(既にあるかもしれませんけど・・・。)

私の切り絵、職人仕事の様子や風景画など、基本的には写真を見ながらデザインしてて、実際の風景とそんなに変わらないんですね。
となると、切り絵風に加工するアプリが登場した時に、私の作品って価値があるんだろうかって不安もあるのです。

無論、アプリの加工程度で到達出来るような仕事はやってないです。随所に私なりの解釈・アレンジを加えて作ってます。出来る限り時間を取って、考えれる限りの手間を注ぎ込んでます。思いは込めてるんです。

でも残念ながら、作品を見る人の全てが理解出来るわけじゃないんだよね。

「切り絵アプリとどう違うの?」

って事を言う人も出て来ると思います。

という事は、これからの芸術作品って、技術が進歩しても無関係な部分を強く出した物が生き残るんじゃないだろうか。

今回の作品は元になった写真に忠実にはデザインしてない。(最近になって始めた抽象画の表現も取り入れてます。)他の作家や機械では真似の出来ない私自身の世界を作ったつもりです。
これまでやって来た職人シリーズやイタリアの風景も大事で、今後も続けて行きますが、そこから出発した私だけの世界を展開して行こうと思っています。

来月の名古屋と東京の個展、この作品以外にも今後の方向性を示した作品を出そうと思っています。
名古屋・東京お住いの方々、近い内に個展情報をお知らせしますので、どうぞよろしく。

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

合体完了!!

Img_2326

オリーブ林とヒナゲシの風景、続行中。
Aパーツ(上側の黒い切り絵)とBパーツ(下側の金色の切り絵)を貼り合わせました。けっこう時間かかっちゃったなあ。
しばらくは、いつも通りにパーツを切って色を付けて貼る作業が続く。

Img_2325

こちらの画像は貼り合わせる途中。切り絵と切り絵を糊で貼っても、すぐに剥がれてしまうので、細く切ったコピー用紙を糊で貼り付けてます。この後、ジェッソという下地用の絵の具の黒色を塗ってやる。樹脂でコーティングする事になるので、がっちりとくっつく。

地味な作業で時間もかかる。この作業だけで丸一日かかってしまった。おまけに表側からは見えないので、作業が進んだ気がしない。

一昔前だと、こんな時は「手が6本ぐらい有ればな。」とか「分身が欲しい。」とか「寝てる間に小人が続けてくれないか。」とか思ったもんですけど、最近は考え方が変わった。

こういう作業をしてる間に、今後どう進めて行くかを考えたりしてるんですけど、その時にアイデアが出てきたり、方針が決まったりする。機械的に手を動かす作業ではあるけど、自分の中で熟成させる時間になってるわけですね。

こうしてあれこれ頭をひねって考えた末に仕上げる作品ですが「いつもと大して変わらんのじゃないか?」って言われる事もあります。まあ、自分にしか分からない部分にこだわってますので。でも、こういった作業を積み重ねて行く事によって、10年後の作品のレベルが変わるもんだと思っております。

| | コメント (0)

«合体!!